電気自動車専用プラットフォーム

電気自動車専用プラットフォームの特徴

パッケージ: バッテリー搭載量の最大化(航続距離の拡大)と室内の広さを両立

  • 薄型バッテリーの特性を活かして、コンパクトカーと同じ運転姿勢/遜色のない後席広さを確保しつつも、十分なバッテリー搭載量を確保しています。
  • バッテリーを車体中央のホイールベース間に搭載しています。

車体骨格構造:高い剛性、強度を実現

  • インバーター固定用メンバーとバッテリー搭載フレームの追加により、高い車体剛性を実現しました。

関連技術

e-Pedal
アクセルペダルを操作するだけのイージードライビングを実現します
モードコントロール設計技術(ノーダルマウント)

日産が車体の軽量化と並行して取り組むのが「しっかりとした車体づくり」です。

HBMC (Hydraulic Body Motion Control)

オンロードでの操縦安定性及び乗り心地を高度に両立し、さらにオフロード走破性を向上させた、フルサイズSUV向けの新しい荷重コントロール技術。

電気自動車用リチウムイオンバッテリー
軽量・コンパクトで大容量のリチウムイオンバッテリーです