ニッサン パビリオン

日産自動車が思い描く未来のモビリティ社会をインタラクティブに体感できるエンターテインメント施設として計画され、日産創業者がロゴデザインに込めた「至誠天日を貫く」(強い信念があれば、その思いは太陽をも貫き、必ず道は開ける)という信念を体現している。太陽をモチーフにした円形を生命体のような柔らかい膜材で構築し、建物内外の境界はその中心を貫く線を表現している。室内の圧倒的なスケールのデジタルコンテンツと対照的に、ファサードと建物本体をつなぐガーデンには、枯山水をモチーフとした玉砂利や竹、水盤が施され、日本ならではのミニマリズムによって伝統と革新の融合を試みた。

受賞歴

  • 2021 日本空間デザイン賞 銅賞