現在位置
TOP > 車両搭載技術 > ポップアップエンジンフード

ポップアップエンジンフード

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術

衝突時にエンジンフードがポップアップし歩行者への衝撃を緩和します。 安全性とスタイリングを両立したフードです。

万が一クルマが歩行者と衝突してしまった際、エンジンフードの後端を瞬時に持ち上げることによって、その下の部品との空間を広く保ち、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。
pueh_vid.jpg

システム概要

バンパーに内蔵されたセンサーが歩行者との衝突を検知すると、コントロールユニットがフードを跳ね上げる必要性を判断します。必要と判断した場合、火薬式のアクチュエーターを作動させて、エンジンフードの後端を持ち上げます。

特長

「ポップアップエンジンフード」は、ボンネット高が低く、エンジンフード下の部品との空間を広く保つことが難しいクルマに採用することで、衝突時の歩行者の頭部への衝撃の緩和と、スポーティなスタイリングの両立を可能とします。
puehfpp_thum_01.jpg

作動過程

pueh_img02.jpg