日産コンサルティング

現在位置
TOP > 日産コンサルティング > APWコンサルティングとは

APWコンサルティングとは

APW改善コンサルティングとは

クルマづくりで培ったノウハウを、モノづくりとサービスの現場に。

APW(ALLIANCE PRODUCTION WAY)は、自動車の製造を通じて蓄積してきたノウハウを凝縮した生産方式です。モノの流れを「品質」「コスト」「時間」の3つの軸で常に捉え、モノづくりのプロセスから徹底的にムダを省きます。APWは、お客さまの望む”時”と”場”に合わせ、高品質な製品を最適なプロセスで提供するシステムであり、そのシステムを構築するための知識体系です。

APWコンサルティング、5つの特色

APW改善コンサルティングの流れ

フェーズ1 「ありたい姿」を具体的に共有する
将来のビジョンと目標設定→現状診断→現場目標への落とし込みと実行計画
フェーズ2 現場を改善する
現場改革→成果レビュー
フェーズ3 改善を習慣化する
PDCAの仕組み構築
※1 TQM=総合品質管理。会社の共通目標である経営戦略を現場での目標や活動指針にブレイクダウンする管理手法。 ※2 KPI=重要業績評価指標。あらかじめ定めた目標がどれだけ達成されているかを定量的に測定するための指標の中でも、特に重要なもの。
ページトップへ