現在位置
TOP > 車両搭載技術 > インテリジェント オートライトシステム (フロントワイパー連動、薄暮感知機能付)

インテリジェント オートライトシステム (フロントワイパー連動、薄暮感知機能付)

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術
雨天や薄暮れ時にライトが自動点灯。周囲へ自分の車を気づかれやすくします。
周囲が薄暗くなり始めた夕暮れ時に自動的に点灯する「薄暮れ感知機能」と、雨天でワイパーを使用した際に自動的にライトを点灯する「フロントワイパー連動機能」。これらの技術によって、事故が発生しやすい雨天時や夕暮れ時に、周囲の自転車や歩行者、他の車のドライバーへ、自分の車を気づかれやすくします。
さらに、夜間点けるものものというヘッドライトの役割に対し、雨天や夕暮れ時に、自車両周辺の相手に気づかれやすくするという価値を追加。この早期点灯機能を「おもいやりライト機能」と名付けました。従来型オートライトシステムに比べ、走行シーンを識別してライトを点灯するのも、この機能の特徴です。
技術の働き
「薄暮れ感知機能」は、従来型よりも周囲の明るさを測定するセンサーの識別範囲を広げ、昼間の物影と薄暮時とを誤認しないよう精度を高めました。車両が日陰に入ったのか、それとも周囲が暗くなったのかを判断することで、木陰に入った際の不要な自動点灯を避けられるようになりました。「フロントワイパー連動機能」は、雨天時にワイパーを継続使用すると自動的にヘッドライトが点灯。自車両を目立ちやすくします。シーンに応じた自動点灯機能によって、ドライバーの判断によるライトの点灯よりも早い段階で確実にライトを点灯。自車両の被視認性を高める効果があります。

als_img03.gif

技術の仕組み

smart_auto_headlight_03.gif

「薄暮れ感知機能」は、従来型と同様に、車両のインスト上(前端)に設置した照度センサーが周囲の明るさを検知。トンネル内の走行と木陰、立体交差下通過時においては、それぞれの照度値と照度時間の平均値の違いを基に識別しています。また、頻繁に点灯/消灯を繰り返すことが無いよう、冗長に点灯する設定を施しました。「フロントワイパー連動機能」は、ワイパーが一定回数作動したときにライトが点灯するように設定。点灯後、一定時間、ワイパーが作動しなければ解除されます。