研究通信

当ラボの研究に関する情報、提案を不定期に発信するものです。是非お読みください。

歩行者の服装色に関する調査

2022.04.18NEW研究通信#3
歩行者の服装色に関する調査
今回の調査は、「歩行者の服装色」です。交通事故防止のために、歩行者はドライバーからいち早く発見されるように明るい色の服装で外出することが推奨されていますが、現状はどの程度目立つ(または目立たない)服装なのでしょうか?

社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「運転マナー&総まとめ編」

2022.03.04NEW研究通信#2の4号
社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「運転マナー&総まとめ編」
今回の研究を通し、高齢ドライバーの安全運転・遵法マインド、他者調和性等は比較的高く、運転に自信を持っていることが分かりました。一方で、その自信の裏付けとなるはずの運転スキルが十分備わっているとは限らないことも垣間見えてきました。

社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「危険源発見スキル・運転操作スキル編」

2022.02.21研究通信#2の3号
社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「危険源発見スキル・運転操作スキル(知識)編」
理解できない道路標識に出会うことが「あまりない」「全くない」人は、87%でした。ところが今回の道路標識の質問の平均正答率は54.1%と決して高いとはいえない結果になりました。「理解しているつもり」になっている人が多いことが推察できます。

社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「危険源発見スキル・運転操作スキル編」

2022.02.10研究通信#2の2号
社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「危険源発見スキル・運転操作スキル編」
危険源発見・運転操作スキルに関わる意識については、高齢になるほど、大きな交差点、狭い道路、左右の確認、追い越し・すり抜けに負担を感じる人が減ります。また、暗い時に歩行者や自転車などを見えにくいと感じることや、運転後の疲労、ヒヤリとした経験も減っていきます。

社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「個人特性・心理状態編」

2022.01.31研究通信#2の1号
社会デザイン研究 高齢ドライバー運転行動意識調査「個人特性・心理状態編」
高齢ドライバーの交通事故要因解明の一方策として、全国20歳以上のクルマ運転者1,800人を対象に運転行動意識に関するWEBアンケート調査を行い、その意識に高齢者特有の傾向がないかを考察しました。

マスクの色の違いによる「見られやすさ」の評価(輝度・視線解析)

2021.05.26研究通信#1
マスクの色の違いによる安全性評価の考察(輝度・視線解析)
今回調査したテーマは「マスクの色による安全性の違い」について。
コロナ禍において必需品となったマスクですが、夕暮れや夜間、或いは雨で薄暗い時などには、白いマスクと黒いマスクは、ドライバーからどのように見えているのでしょうか?

活動内容のページに戻る