工場の紹介

お客さまに最高の満足をご提供するため、高度な技術と真心で最高の品質を追求したクルマづくりに取り組んでいます。また、地球環境問題に積極的に取り組み、地域の方々とともに栄える工場を目指します。 追浜工場は東京湾に面した神奈川県横須賀市に位置し、わが国初の本格的乗用車工場として1961年に操業を開始しました。最新技術の導入に意欲的に取り組み、1970年には業界初の溶接ロボットを導入。世界でも屈指の自動化の進んだ乗用車組立工場として発展してきました。

工場プロフィール

敷地面積・・・約1,699,000㎡ *1
従業員数・・・約2,600名(2018年6月時点)*1
生産能力・・・約24万台/年(残業・休出除く)
生産品目・・・日産リーフ、ジューク、キューブ、シルフィ、ノート
*1総合研究所、追浜試験場、追浜専用埠頭を含む

沿革

1961年 中央研究所(現 総合研究所)、テストコース完成
ブルーバード生産開始
1978年 生産累計500万台達成
1988年 TP(Total Productivity)賞受賞
1992年 デミング賞事務所表彰受賞
生産累計1,000万台達成
1994年 品質管理および品質保証に関する国際規格
「ISO9002」の認証取得
1996年 TPM(Total Productive Maintenance)賞 第1類受賞
1997年 環境マネジメントに関する国際規格
「ISO14001」の認証取得
1998年 「神奈川県地域共生型工場」表彰を受賞
2000年 マーチ、キューブ生産開始
2003年 キューブ キュービック生産開始
2004年 ティーダ、ティーダ ラティオ、ノート生産開始
2005年 ブルーバード シルフィ生産開始
2006年 グローバルトレーニングセンター開設
2007年 生産累計1,500万台達成
2010年 ジューク、日産リーフ生産開始
2011年 創立50周年
2012年 シルフィ生産開始
2014年 ゲストホールオープン以降 来場者数310万人達成
2016年 ノートe-POWER生産開始

生産車種

車種画像をクリックすると詳細ページが別ウィンドウで開きます。

  • 日産リーフ 日産リーフ
    ジューク ジューク
    キューブ キューブ
  • シルフィ シルフィ
    ノート ノート

工場の特徴

電気自動車(EV)の生産

追浜工場では、2010年から電気自動車(EV)「日産リーフ」の生産を開始しました。EVの生産は、特別な専用ラインではなく、通常のクルマと同じラインでの混流生産を行っています。
追浜工場は今後グローバルで生産されるEVのマザー工場として、最新技術や工法を短期間で開発し、確実に立ち上げるリーダーとなることを目指しています。

人財育成

グローバルトレーニングセンター
世界トップクラスの品質と生産性を実現するために、世界各国の生産拠点の人財育成に取り組んでいます。
製造・物流・品質保証・保全の各分野のトレーナーを育成し、ルノー・日産アライアンス生産方式:APWをグローバルに伝承しています。

専用埠頭とテストコース

追浜工場には、月間8万台を出荷できる専用埠頭のほか、さまざまな分野の基礎研究を行う総合研究所やテストコースも隣接しています。

ふるさとの森

周辺の環境との調和を図るため、工場敷地内に社員の手による「ふるさとの森」をつくるなど工場の緑化を推進しています。

工場トピック

「工場における技能伝承ものがたり」 追浜工場編

生産現場の従業員たちがつむいできた日産のものづくりへの想いや技術、技能の伝承に焦点をあて、 工場ごとにベテラン従業員と若手従業員のペアに話を伺いました。

※本動画は社内広報向けに制作されたもので、一部社外のお客さまに向けた表現ではないものもございます。ご了承ください。

工場見学のご案内

日産専用埠頭

追浜工場は、新電動パワートレイン「e-POWER」のノートをはじめ、100%電気自動車の
日産リーフ、ジューク、キューブなどのコンパクトカーを生産している、車両組立工場です。

 NEW 
追浜工場ゲストホール 2017年4月よりリニューアルオープン!
内部の様子はコチラの動画からご覧いただけます。ぜひ現地へお越しください!

[関連リリース]
2017年4月26日
日産自動車、追浜工場ゲストホールをリニューアル

お知らせ・注意事項 他

お申し込みについて

  • ・下記の「小学校社会科見学/中学校・高校の生徒様向け工場見学のお申し込み」をクリックしてお申し込みください。
  • ・お申し込み受付は原則先着順です。
  • ・観光会社様を通じてのお申し込みは受け付けておりません。ご本人様より直接お申し込みください。
  • ・少しでも多くのお客さまをご案内するため、人数を確定した上でのお申込みにご協力ください。

ご見学について

撮影禁止 喫煙禁止

  • ・工場内(ゲストホールを除く)での撮影はできません。写真・VTR撮影、カメラつき携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • ・都合により、ご予約後に、見学日時の変更をお願いする場合があります。
  • ・少人数でお申し込みの場合は、他のお客さまと合同でご案内させていただく場合もございます。
  • ・ゲストホールなど工場建屋内でのお食事はできません。(小学校の社会科見学はご相談ください。)
  • ・自家用車でお越しの場合、駐車場をご用意できない場合があります。

近隣の見学施設も是非ご利用ください。

 

小学校社会科見学のお申し込みこちらをクリック

===============================================
横浜市の小学校からのお申し込みは、ネット環境の関係で一部申し込みが完了しないという
ご連絡をいただいており、現在原因を調査中です。
同様の状況が見られる場合、お手数ですが下記までお電話にて申込をお願いいたします。

・追浜工場ゲストホール電話番号 046-867-5013
(見学案内時間帯はつながりにくいことがあります)
===============================================

見学実施日

月〜金曜日
但し、都合により、見学をお受けできない場合があります。
見学可能日は、下記お申し込み画面のカレンダーをご覧ください。

見学内容

ビデオ上映、説明
組立・検査ライン、専用埠頭見学
質疑応答(120分コースのみ※質疑応答なしの100分も可)
※2007年8月より、ロボットが溶接を行う工程をご覧いただく事ができませんので、予めご了承ください。
※工場内は約40分間歩いて見学します。一部階段の上り下りがございます。
※専用埠頭は、バス内よりご覧いただきます。
※都合により、見学内容を予告なく変更する場合があります。
   お申し込み時、カレンダー内のツアー時間を必ずご確認ください。

見学時間・可能人数

※ご希望月により見学のお時間が変わりますのでご注意ください
※2018年度より見学時間を10分延長致します。

第1回 第2回 第3回
※質疑応答なしの100分も可
4月-1月
毎月第3木曜日のみ
※変動あり
9:20-11:00(100分) 11:30-13:10(100分) なし
200名様まで 200名様まで
4月‐1月
(上記以外)
9:20-11:00(100分) 11:00-12:40(100分) 13:20-15:20(120分)
200名様まで 80名様まで 160名様まで
2月-3月 9:20-11:00(100分) 11:50-13:30(100分) 13:20-15:20(120分)
160名様まで 160名様まで 120名様まで

※都合により、見学時間の変更や日程変更をお願いする場合があります。
※児童25名に対し、1名の引率をお願いします。
※工場の生産の都合により第2回を実施しない場合もございます。また、人数を最大数お受けできない日程もございます。(お申し込み時、第2回の表示が出ない場合は、実施しておりませんので、ご了承ください)
※工場の生産の都合により、見学時間が予告なく変更になる場合がございます。お申し込み時、見学時間をよくご確認の上お申し込みをお願いいたします。

予約カレンダー画面はこちら

見学希望日3ヶ月前の同日(8:00am)より、お申し込みが可能です。
(例:見学希望日 9/20 → 6/20 8:00am〜お申し込み受付開始)
なお、ご希望日一週間以内や残りの受け入れ人数を超える場合のご予約もお受けできる場合がありますので、その場合は下記「アクセスマップ」の連絡先までお電話にてお問い合わせください。

中学校・高校の生徒様向け工場見学のお申し込みこちらをクリック

<ご連絡>
7/9(月)に報道発表しました完成検査時の排出ガス測定に関する不適切な行為につきましては、
ご心配とご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。

https://newsroom.nissan-global.com/releases/180709-03-j

原因究明と本件への対応を最優先に行うため、当面の間、新規見学予約を
小学校、中学校、高校の社会科見学に限定させていただくことと致します。
見学を楽しみにしてくださる皆様にはご不便をおかけしますが、
再開時にはあらためて当サイトにてご案内致します。

見学実施日

月〜金曜日
但し、都合により、見学をお受けできない場合があります。
見学可能日は、下記お申し込み画面のカレンダーをご覧ください。

見学内容

ビデオ上映、説明
組立・検査ライン
専用埠頭見学
※工場内は約40分間歩いて見学します。一部階段の上り下りがございます。
※専用埠頭は、バス内よりご覧いただきます。
※都合により、見学内容を予告なく変更する場合があります。
   お申し込み時、カレンダー内のツアー時間を必ずご確認ください。

見学時間・可能人数

 
  第1回 第2回 第3回
7月23日〜8月24日 及び 以下の祝日
※祝日 9月17日・9月24日
11月23日・12月24日
9:30-11:00(90分) 11:30-13:00(90分) 13:30-15:00(90分)
60名様まで 60名様まで 60名様まで
8月27日以降 なし なし 13:30-15:00(90分)
20名様まで

※一部期間は2〜80名様をお受けいたします。(7月下旬〜8月末、12月下旬〜1月上旬、3月中旬〜末まで)
※お申し込み状況により、見学時間や人数、日程の調整をさせていただく場合があります。
※時期により、上記時間帯や人数以外の設定もございます。ご希望の日程をご確認ください。
※お申し込みは2名様からですが、少人数の場合、他のお客様と一緒にご見学いただく場合があります。
※工場の生産の都合などで見学内容が予告なく変更になる場合があります。

見学対象

※現在、大人の方の見学受付を中止し、中学校、高校の生徒様限定で実施しております。
中学生のご見学には1グループ20名につき1名の保護者のご同行をお願いします。

予約カレンダー画面はこちら

見学希望日3ヶ月前の同日(8:00am)より、お申し込みが可能です。
(例:見学希望日 9/20 → 6/20 8:00am〜お申し込み受付開始)
お申し込みは、携帯電話のメールではご利用いただけません。パソコンのメールをご利用ください。
なお、ご希望日一週間以内や残りの受け入れ人数を超える場合のご予約もお受けできる場合がありますので、その場合は下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

日産自動車(株) 追浜工場 ゲストホール
電話:046-867-5013
受付時間:9:00〜17:00(土日・工場非稼働日除く)

出張授業のご案内

日産では「教育への支援」、「環境への配慮」、「人道支援」を社会貢献活動の重点分野として取り組んでいます。「教育への支援」の活動の一環として、小学生を対象とした3つの出張授業を実施しています。
いずれも、自動車メーカーならではのノウハウを生かした体験型授業です。
出張授業のご案内ページへ

出張授業のご案内

アクセスマップ

■所在地
詳しい地図はコチラ
日産自動車(株) 追浜工場 ゲストホール
〒237-8523 神奈川県横須賀市夏島町1
TEL: 046-867-5013

追浜工場正門よりご入場いただき、ゲストホールまでお越しくださいませ。

■電車でお越しの場合

京浜急行線「追浜」駅より 徒歩約20分
※【快特】は「追浜」駅には停車いたしませんので、ご注意ください。

上り方面よりお越しの方

「金沢文庫」・または「金沢八景」にて【普通】「三崎口」または「浦賀」行きにお乗り換え下さい。
※「新逗子」行きは「追浜」駅にはいきませんので、ご注意ください。

下り方面よりお越しの方

「横須賀中央」にて【普通】にお乗り換え下さい。

■「追浜」駅よりバスでお越しの場合

京浜急行バス「追浜」駅2番乗り場より バス約5分

乗車:2番乗り場 「田17 田浦駅」行き または「追7 深浦循環」行きのバスにご乗車ください。
下車:「日産自動車前」にて下車してください。

■お車でお越しの場合

上り方面よりお越しの方

首都高速湾岸線 幸浦インターより  車で約15分
横浜横須賀道路 朝比奈インターより 車で約15分

下り方面よりお越しの方

横浜横須賀道路 逗子インターより 車で約15分

カーナビゲーションシステムで下記の電話番号を検索すると、追浜工場正門付近を目的地として設定できます。
神奈川日産追浜店 TEL: 046-866-1123
追浜工場正門から入場し、正面左手にあるのがゲストホールです。

イベントのご案内

最新のイベント

(イベントがある時に掲載します)

イベントのご紹介

追浜工場は、地域との協働でお祭りの開催、工場内厚生施設の地域住民への開放、地域のスポーツ及び文化活動への参加・協力を行っています。

追浜マラソン 追浜マラソン
日産デー(クリーンアップ活動) 日産デー(クリーンアップ活動)
日産カップトライアスロン 日産カップトライアスロン
全国車椅子マラソン 日産カップ追浜チャンピオンシップ 全国車椅子マラソン
日産カップ追浜チャンピオンシップ
おっぱま まつりへの神輿参加 おっぱま まつりへの神輿参加
Y・フェスタ追浜 Y・フェスタ追浜

環境への取り組み

日産自動車の環境方針

日産環境理念
「人とクルマと自然の共生」
究極のゴール
「事業活動やクルマの走行時に生じる環境負荷や資源利用を自然が吸収可能なレベルに抑える」
日産の目指す姿
「シンシア・エコイノベーター」
取り組むべき
重要課題
「以下の課題に対して環境目的・目標を定め、継続した改善を図ります。」
  • ■気候変動
  • ■資源依存
  • ■大気品質・水資源

追浜工場では以下のような環境の取り組みを行っています。

環境スローガン

『青い海と緑豊かな追浜の自然環境を守り育てよう』

取り組むべき重要課題 2017年度の主な活動実績
※2017年度目標に対する達成度 ◎:達成 ○:ほぼ達成 △:未達成

気候変動
目標と実績
  • 工場CO2排出量の削減: 評価 ◎
  • 目標: 69,421t-CO2/年以下
  • 実績: 63,617t-CO2/年
  • ・追浜工場では、生産設備の省エネ活動に継続して取組んでいます。電源OFFの徹底等、設備非稼働時のエネルギーの削減にも努めています。
  • ・また、コジェネレーション設備を用いて、追浜工場の中で発電し、そのときに発生する排熱を生産に使用する熱源として再利用することで、CO2削減に大きな効果を挙げています。
  • ※石油やガスなどの一次エネルギーから、電力と熱のように2種類以上の二次エネルギーを取り出すシステム。追浜工場1地区に導入。
資源依存
目標と実績
  • 工場廃棄物発生量の削減: 評価 ◎
  • 目標: 2,414t/年以下
  • 実績: 2,296t/年以下

分別した金属類分別した基板類

  • ・海外から輸入される部品の梱包資材は、工場内にある資源ステーションにて、種類毎に分別を行う事で、廃棄物排出量削減に努めています。
    また種類ごとに分別された紙や木材、プラスチックは、資源化することでマテリアルリサイクルを推進しています。
  • ・これらの活動の積上げにより2017年度も継続して再資源化率100%を達成しました。
大気品質・水資源
  • ・追浜工場では、工場から発生する排水を、適切に処理した後、一部工場内で再利用する事で、水使用量削減に努めています。
  • ・毎月の環境パトロールや、従業員や協力企業への環境教育を通じて、環境事故の未然防止活動を行っています。
  • ・環境施設見学会やグランドライブでの環境取組説明会を通じて、従業員のみならず、地域住民の方々や近隣企業の方々に、日産自動車の環境活動への理解を深めて頂く事が出来ました。