ABOUT OPPAMA PLANT

追浜工場について

プロフィール

東京湾に面した神奈川県横須賀市の地で1961年に操業を開始した歴史ある追浜工場は、電気自動車をはじめ先進運転技術を搭載したクルマをいち早く生産に繋げ、その技術をグローバルに展開し、日産のマザー工場として日産のクルマづくりをリードしています。
操業当時から受継がれる「お客様に最高の満足をご提供する」思いを原動力に、人材育成や最新技術の導入に意欲的に取り組んでいます。

データ

敷地面積 約1,699,000㎡ *1
従業員数 2021年6月1日時点:約3,700名 *1
生産能力 約24万台/年(残業・休出除く)
*1総合研究所、追浜試験場、追浜専用埠頭を含む

追浜工場の特長

電動車(EV・e-Power)の生産

追浜工場は、2010年に日産で初めて量産型電気自動車(EV)「日産リーフ」の生産を開始し、2016年にエンジンで発電し電気で走るe-Powerを搭載した「日産ノート」の生産を日産で初めて開始しました。日産における電動車生産のパイオニア、そして日産のマザー工場として成長し続けています。

人材育成

「現場の女性活躍~モノづくり女子~」
工場って男性がメインでしょ?いえいえ!!追浜工場では現場で様々な女性が活躍しています。
女性リーダー、働くママさん、若手からベテラン層まで様々な方が「モノづくり女子」として現場で働いています。
追浜工場はそんな彼女達の「いきいきと楽しく働きたい!」を応援しています。

R&D・実験・生産SCMの共存

追浜工場はクルマの生産だけでなく、先端技術研究を行う総合研究所やクルマの安全性や性能を確認し、クルマの楽しさを体感できる追浜試験場(テストコース)、約2万台の自動車が保管でき、三隻の自動車専用船が停泊できるバースを持つ専用埠頭が共存しています。

からくり改善

生産ラインで働く従業員の知恵と技術で、安全性や生産性を高めるため、自然エネルギーや歯車、てこの原理などの構造や仕組みを使った装置を日々生み出しています。
からくり改善くふう展2020では、「ねらってピタッとチルト君」が優秀賞を受賞しました。

VIRTUAL TOUR

バーチャルツアー

最新の360°VR撮影技術により、バーチャル空間上に追浜工場内にあるゲストホールを再現。自宅にいながらいつでも、どなたでもお楽しみいただけるバーチャルコンテンツです。バーチャル空間内を360°自由に見渡しながら、クルマづくりの工程や日産の技術、ものづくりを学ぼう。
バーチャルツアーを体験する 楽しみ方

LOCATION / ACCESS

所在地・アクセス

追浜工場へのアクセス 追浜工場へのアクセス
所在地
〒237-8523 神奈川県横須賀市夏島町1
アクセス
電車でお越しの場合

京浜急行線「追浜」駅下車 徒歩約20分
※【快特】は追浜駅に停車しません。
※上り方面からお越しの場合「逗子・葉山行」は
別路線のため追浜方面は通りません。
バスでお越しの場合

京浜急行バス 2番乗り場より「田17 田浦駅行き」 または「追7 深浦循環行き」で「日産自動車前」下車 進行方向信号を左折し、徒歩2分
お車でお越しの場合

上り方面よりお越しの方
首都高速湾岸線 幸浦インターより約15分
横浜横須賀道路 朝比奈インターより約15分
下り方面よりお越しの方
横浜横須賀道路 逗子インターより約15分
カーナビゲーションシステムで下記の電話番号を検索すると、追浜工場正門付近を目的地として設定できます。
神奈川日産追浜店 TEL: 046-866-1123
追浜工場正門から入場し、正面左手にあるのがゲストホールです。
お問い
合わせ先
日産自動車(株) 追浜工場 ゲストホール
046-867-5013

PRODUCTION MODEL

生産車種

国内向け生産車種

日産リーフ 日産リーフ
2021年10月更新
ノート ノート
2021年10月更新
オーラ オーラ
2021年10月更新

HISTORY

沿革

1961年 中央研究所(現 総合研究所)、追浜試験場完成
ブルーバード生産開始
1978年 生産累計500万台達成
1988年 TP(Total Productivity)賞受賞
1992年 デミング賞事務所表彰受賞
生産累計1,000万台達成
1994年 品質管理および品質保証に関する国際規格 「ISO9002」の認証取得
1996年 TPM(Total Productive Maintenance)賞 第1類受賞
1997年 環境マネジメントに関する国際規格 「ISO14001」の認証取得
1998年 「神奈川県地域共生型工場」表彰を受賞
2003年 キューブ生産開始
2006年 グローバルトレーニングセンター開設
2007年 生産累計1,500万台達成
2010年 ジューク、日産リーフ生産開始
2011年 創立50周年
2012年 シルフィ生産開始
2014年 来場者数310万人達成
2016年 ノートe-POWER生産開始
2018年 日産リーフe+生産開始
ノート日産車として史上初 登録車年間No.1獲得
すべてを表示

PA COMMUNICATION

PA(プラントアテンダント)通信

  • 05★追浜工場のゲストホールを潜入調査!★

    日産ベアくん!日産のクルマづくりの世界が広がるゲストホールで
    まずは、タブレットを使って体験する「AR SCOPE ARIYA」をやってみよう。

    日産アリアの最新技術を、最新のARで知ることができるんだね。

    ゲストホール入口にあるロッカーには追浜工場の歴代生産車の写真。
    車の名前と生産開始年がわかるあなたはかなりの日産ツウ!?
    (カギに答えが書いてあります)

    ぜひお気に入りのクルマを見つけてね。

    「バーチャルツアー」では最新のVR技術で
    ゲストホールの中をいつでも、誰でも360°自由に調査できるよ。
    みんなもやってみよう♪

    https://www.nissan-global.com/JP/PLANT/OPPAMA/#virtualtour

    ぜひお試しください。

  • 04★オンライン工場見学 全国の小学校へ!!★

    2020年9月に開始したオンライン工場見学会。
    2021年度も、たくさんの小学校からお申し込みをいただき
    ついに、47都道府県すべての地域の小学校にご案内をすることができました!!!

    オンラインでしか見ることができない場所など、特別なプログラムも盛りだくさん!
    遠く離れた地域の小学校の皆さまにもご案内をすることができたことで
    たくさんのうれしいコメントやお礼のお手紙をいただき、とてもうれしかったです。

    これからも、より多くの皆さまに日産自動車のモノづくりや魅力をお届けできることをPA一同たのしみにしています。

  • 03★かわいいお客様が来ました★

    横浜DeNAベイスターズのマスコットDB.スターマンが見学に来てくれました。
    ゲストホールやクルマの生産ラインを楽しそうに探検してくれました♪工場の人にも大人気でしたよ!

  • 02★新型NOTE が仲間入り★

    追浜工場で作っている「新型NOTE 」がゲストホールの展示車に仲間入りしました!
    コンパクトカーの常識を超えた洗練されたデザインでフロントグリルは日本の伝統工芸「組子」をイメージしています。

    ゲストホール館長のポケットチーフも新型NOTEと同じ組子デザイン。

  • 01素敵なお手紙ありがとう!

    9月からオンライン社会科見学が始まり、様々な地域の小学生の皆さんと、画面越しで追浜工場のクルマづくりの世界を探検しています。
    先日、オンライン見学に参加した福岡県の小学校の皆さんからとてもかわいいお礼状を頂きました!
    遠く離れた地域の皆さんとつながることができるのもオンラインの魅力の1つです♪

TOPICS

トピックス

TOPICS 01 「工場における技能伝承ものがたり」 追浜工場編

生産現場の従業員たちがつむいできた日産のものづくりへの想いや技術、技能の伝承に焦点をあて、工場ごとにベテラン従業員と若手従業員のペアに話を伺いました。

※本動画は社内広報向けに制作されたもので、一部社外のお客さまに向けた表現ではないものもございます。ご了承ください。

EVENT INFORMATION

イベントのご案内

最新イベントのご案内

現在予定されているイベントはありません。今後のイベント情報はこちらで随時更新、ご案内いたします。

定期イベントのご案内

追浜工場は、地域との協働でお祭りの開催、工場内厚生施設の地域住民への開放、地域のスポーツ及び文化活動への参加・協力を行っています。

追浜マラソン

日産デー(クリーンアップ活動)

日産カップトライアスロン

全国車椅子マラソン
日産カップ追浜チャンピオンシップ

おっぱま まつりへの神輿参加

Y・フェスタ追浜

ENVIRONMENTAL INITIATIVES

環境への取り組み