日産のクルマづくり

現在位置
TOP > リチウムイオンバッテリーリサイクル

リチウムイオンバッテリーリサイクル

日産は、持続可能な社会の実現と資源循環の促進のため、当社が販売する電気自動車及びハイブリッド車のリチウムイオンバッテリーを回収し、リサイクルを行っています。
当サイトでは、リチウムイオンバッテリーの安全な取り外しと回収のため、車種別の取り外し・回収マニュアルを以下に提供しています。利用条件と該当車種をご確認し、リチウムイオンバッテリーの安全な取り扱いと回収にご協力ください。

利用条件

当サイトにおいて電子的に提供される取り外し・回収マニュアルにつきましては、以下のご利用条件をお読みになり、ご同意いただいた場合にのみご利用ください。下記の同意ボタンをクリックすることで、お客様はこの利用条件に同意したものとみなします。

  • 本マニュアルは、当社が販売する電気自動車及びハイブリッド車が日本国内において廃車になった際、搭載されているリチウムイオンバッテリーを回収・リサイクルするための解体業者向けマニュアルです。
  • 解体業者とは、使用済み自動車の再資源化等に関する法律(平成14年法律第87号)第60条第1項の許可を受けた者を指し、解体業者以外による本マニュアルの利用を禁じます。
  • 本マニュアルについては、当社が著作権その他の知的財産権を保有します。当社の許可なく、本マニュアルの一部または全部を複製、複写、改変もしくは配信等することはできません。ただし、リチウムイオンバッテリーの取外しに使用する場合に限り1部印刷することができます。
  • 本マニュアルの利用、または利用できなかったことにより万一損害が生じても、当社は一切責任を負いません。
  • 本マニュアルの掲載内容は予告なく変更される場合があり、また当社は本マニュアルの当サイトでの掲載を中止することがあります。

リチウムイオンバッテリー取り扱い時の注意事項

  • 日産は、当社製リチウムイオンバッテリーの転売・譲渡・改造・二次利用等による事故・損害等については、その一切の責任を負いかねます。
  • 使用済リチウムイオンバッテリーの取り扱い時には、以下の注意事項をご確認の上、十分ご注意ください。なお、以下の注意事項を遵守しない場合は、重大な損害や法的責任が発生する場合があります。
  • 二次利用・高電圧に関する注意
  • リチウムイオンバッテリーは分解・改造または不適切な二次利用を行うと、感電、発煙・発火、電解液漏出事故等が発生し、重大事故に繋がる恐れがあります。
  • また、リチウムイオンバッテリーは高電圧であり、取り扱いを誤ると感電等重大事故の恐れがあります。取り扱い時には以下の項目を遵守してください。
  • ● 分解、改造などバッテリーに手を加えないこと
  • ● 高所からの落下などバッテリーを破損させるような衝撃を与えないこと(衝撃を加えられると火災や液漏れを発生するおそれがあります。)
  • ● 直射日光/雨水があたらない場所で保管すること
  • ● 取り外したバッテリーは火に近づけたり、加熱したりしないこと

取り外し・回収マニュアル一覧

電気自動車(100%電気自動車)

日産リーフ
(ZE0)

2010年〜2012年

日産リーフ
(AZE0)

2012年〜

日産リーフ
(ZE1)

2017年〜

e-NV200
(ME0)

2014年〜

電気自動車(e-Power)

NOTE e-Power
(E12)

2016年〜

セレナ e-Power
(HC27)

2018年〜

ハイブリッド自動車(HEV)

フーガ ハイブリッド
(HY51)

2010年〜

シーマ ハイブリッド
(HGY51)

2012年〜

アトラス ディーゼルハイブリット
(H43)

2007年〜2012年

NT450アトラス ハイブリッド
(H44)

2013年〜

スカイライン ハイブリッド
(HV37)

2014年〜

エクストレイル ハイブリッド
(HT32・HNT32)

2015年〜

回生エネルギー蓄電用リチウムイオンバッテリー搭載車

モコ
(SA2)

2013年〜

DAYZ
(AA1)

2019年〜

回生エネルギー蓄電用バッテリー搭載車

DAYZ ROOX
(BA0)

2014年〜

DAYZ
(AA0)

2014年〜

ページトップへ