交通安全未来創造ラボ設立への想い

クルマ社会は、運転に不安を抱えている方や交通事故の被害に会われやすい方など、
様々な人々が一緒に暮らしています。
中でも、高齢ドライバーは年々増える一方であり、高齢になると交通事故を起こしやすくなります。
公共交通機関がなく、クルマを手放せない方も多くいて問題解決は容易ではありません。
幼児・児童を巻き込んだ悲しい交通事故もまだあります。他にも自転車や外国人、
モノを運ぶ人の増加など、クルマ社会は益々多様化が進んできています。

クルマも社会の一員として、周囲とどう関わっていくかを考えていくことが求められています。
世の中から悲しい交通事故を無くしたい、移動で困っている人を助けたい。
交通安全未来創造ラボは、一人ひとりに寄り添い、誰一人取り残すことのない
ダイバーシティ交通社会を創りたいという想いから設立しました。

交通安全未来創造ラボのアプローチ

交通事故という大きな社会課題を解決するため、ラボの専門分野と連携先は多岐に亘ります。

交通安全未来創造ラボが向かう将来

交通安全未来創造ラボは、交通死亡事故ゼロ、
誰一人取り残すことのない交通社会を目指して活動していきます。

交通安全未来創造ラボの名前について

生活や移動に困った人、一人ひとりを想像する。
自分だけでできなければ胸を張って人の力を借りればいいじゃないか。
ダイバーシティの英知で交通の未来を創造する。
このような想いから、皆でラボの名前を考えてつけました。