ゼロ・エミッション

資源

地球はいま、温暖化に象徴される環境の悪化、化石燃料をはじめとするエネルギー資源の危機を迎えています。
私たちは、すぐにでもあらたなエネルギーの可能性を見いださなければなりませんでした。
環境や資源のことも考えてクルマづくりに取り組んできた日産が注目したのは電気でした。
電気は家庭に供給されている身近なエネルギー。石油や自然に負荷をかけない太陽光、風力、水力からも電気はつくれます。
長年にわたり電気に着目し、モーターやバッテリーの開発に取り組んできたことに加え、お客さまの環境への関心の高まりも、その実用化をさらに加速させました。環境問題、技術革新、そしてお客さまからの声が、電気自動車の発売を実現させたのです。

ページトップへ