ゼロ・エミッション

現在位置
TOP > ゼロ・エミッション > 電気自動車の歴史 > タウンポッド

タウンポッド

「Townpod(タウンポッド)」は、日産のゼロ・エミッションモビリティを、新しい世代の、創造的な個人起業家に向けて提案することを狙いとした、これまでにないフレキシブルな使い勝手とスマートなスタイリングを持った、乗用車と商用車のカテゴリーを越えるコンセプトカーです。
タウンポッドは、多様化する個々のビジネススタイルに応えるべく、Bピラーを配した観音開きのサイドドアや、スライドしながら左右に大きく開くリヤドアは、後席への乗り降りを容易にしています。
また、車内のいたるところに、穴の開いたゴム製の球体、「パック」を配することができます。この球体は、カップホルダー、携帯電話ホルダー、小型テーブルなどの他、規格を満たすアクセサリーであれば、どんなものでも取り付けられる、シンプルな多目的アタッチメントです。

ページトップへ