ゼロ・エミッション

現在位置
TOP > ゼロ・エミッション > 電気自動車の歴史 > ミクシム (Mixim)

ミクシム(Mixim)

コンセプトカー「ミクシム」は、コンピュータに慣れ親しんだ若い世代に魅力を感じてもらえることを目指し開発されたスポーツタイプの電気自動車です。
「ミクシム」の最大の特長は、室内空間にあります。運転席は室内の中心に配置されおり、コンピュータゲームを思わせるセンターバーチャルディスプレイには、車外の様子とバーチャル映像を組み合わせた合成映像が映し出され、リアル(視界)とバーチャル(合成映像)の融合による全く新しい運転体験を提供しています。また、運転席の両側やや後ろに配置された2席のパッセンジャーシートが、車内コミュニケーションを容易にしています。さらに、環境に配慮し、動力装置には、高性能リチウムイオンバッテリーにより駆動されるスーパーモーターを採用しています。

ページトップへ