ゼロ・エミッション

現在位置
TOP > ゼロ・エミッション > 電気自動車の歴史 > ハイパーミニ

ハイパーミニ

1997年11月、東京モーターショーにてコンセプトカーが発表され、2000年2月から発売。
都市コミューターとして開発された専用ボディをもつ2人乗りの超小型電気自動車。
軽量、高剛性アルミスペースフレームの車体に、ネオジム磁石同期トラクションモーターと高性能リチウムイオン電池を搭載。
一回の充電あたりの航続距離は115キロ、最高時速は100キロ。(社内測定値。エアコン不使用時。道路状況や天候等で走行距離は変動します。)
バッテリーの充電は200ボルトの非接触インダクションAC充電器を用いて4時間で完了。
平成11年度1月「新エネ大賞」(21世紀型新エネルギー機器等表彰)において、「資源エネルギー庁長官賞」を、更には財団法人日本産業デザイン振興会が主催する平成12年度「グッドデザイン賞」を受賞。

ニュースリリース

ページトップへ