車両搭載技術

現在位置
Home>日産のクルマづくり>テクノロジー>技術アーカイブ >車両搭載技術 >シンクロレブコントロール付6速マニュアルトランスミッション

シンクロレブコントロール付6速マニュアルトランスミッション

マニュアル車を運転する楽しさを最大限に高めるため、シンクロレブコントロールを世界で初めて6速マニュアルトランスミッションへ搭載しました。シフトダウン時にはエンジンの回転を気にすることなく、シフトレバーを操作して即時にクラッチをつなぐことができ、誰でもプロドライバーを凌ぐシフトダウン操作が可能になります。これにより、無意識にシフト操作することが可能で、ステアリングやブレーキングに集中し、滑らかで安定した走りが可能になります。
特にシフトダウンの瞬間はMT車を操る楽しさを最大限に感じて頂けます。
※2008年12月現在

6mt_1.jpg
sc6mt_vid.jpg
※ 映像に登場するクルマは北米仕様車です。

ドライバーのクラッチペダル操作をクラッチペダルに設けたスイッチで検出し、シフト操作をシフトポジションセンサで検出します。これらの情報と車速信号から変速先のシフト位置での回転数に同期するように、エンジン回転数をコントロールします。

MTシンクロレブコントロール

これまで、ATに採用されてきたシンクロレブコントロールを、世界で初めてMT車に採用しました。
シンクロレブコントロールはシフトダウン時に一瞬エンジン回転数を高めてギヤと同期させ、クラッチ終結時にショックが出ず車両挙動が安定し、スムーズなコーナリングが可能になります。また、シフトアップ時にも、回転を落ちすぎないように制御します。
コーナリング時のシフトダウン時には、ヒール&トゥのような複雑な操作をする必要がなく、ハンドルやブレーキング操作に集中することができるので、より安定した車両挙動を実現できます。

f4cc7e7088318a.gif

この機能が搭載されている主な車種

スポーツ&スペシャリティ/SUV