現在位置
TOP > 車両搭載技術 > クイックコンフォートシートヒーター

クイックコンフォートシートヒーター

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • ライフ・オン・ボード
素早く心地よい暖かさが持続
疲労を抑え、リラックスを推進するシートです

ヒーターが作動してからの時間に応じて、シートの温める場所や温度制御を最適化。暖かいと感じる時間を短縮し、心地よい暖かさが持続します。また、血の巡りが良くなることで乗車中の疲労を最小限に抑え、リラックス効果も期待できる機能です。
技術の働き
「人体は、部位ごとに熱の伝達効率や快適さの感じ方が異なる」という共同研究結果(九州大学芸術工学部、栃原裕教授)に基づき、シートのヒーター密度とヒーターの温度の制御を最適化。ヒーターの作動初期は「大腿部と臀部」を温め、温度が安定してからは「腰と大腿部」を温めます。これにより、乗員が暖かいと感じられるまでの時間を従来より30%短縮し、長時間快適と感じられるようになりました。
f514ff69008b0b.gif
技術の仕組み
シートに施したヒーター線の発熱密度比を、シートの部位によって最適化。温かみを感じやすい大腿部と臀部はヒーター線の密度を減らし、逆に腰や大腿部は過密にする設計を施しました。この工夫により、新たに制御を加える事なく目標とした温度バランスを実現。コストアップする事なく、快適なシート温度を提供します。
qch_img02.gif
qch_img03.gif
 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE