車両搭載技術

インテリジェント FCW

2台前を走る車両を検知し、前方に潜む危険に対して注意を促します

高速道路で2台前の車両が突然減速した時、あるいは、急に先行車が車線変更した際に、前方に遅い車両が走っていた時、ドライバーは玉突き事故や衝突事故の危険に晒されます。
インテリジェント FCWはこうした危険に対し、ドライバーに注意を促します。

技術の働き

インテリジェント FCWは、先行するクルマに遮られて見えない前方の状況を把握するため、2台前を走る車両の車間・相対速度を、車両前方に搭載されたレーダーセンサーで検知します。そして、自車の減速が必要と判断した場合には、表示と音によりドライバーに注意を促します。

動作説明

車両前方に搭載されたレーダーセンサーで、高速道路を走行中に2台前を走る車両の車間・相対速度をモニタリング。自車両からは見えない前方の状況の変化を検知し、危険と判断した場合には、表示と音の警報により、ドライバーへ注意を促します。

ifcw_01_jp.jpg

技術の仕組み

ifcw_02_jp.jpg