現在位置
TOP > 車両搭載技術 > 踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違い衝突防止アシスト

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術
ペダルの踏み間違いによる事故防止をアシストします
駐車時や低速走行時(〜15km/h)、進行方向に壁などの障害物や停止車両がある場合に、ブレーキと間違ってアクセルを踏み込んでしまったときや、ブレーキ操作が遅れてしまったときに、自動的に加速を抑制、またブレーキを作動することで、衝突防止をアシストします。
壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも後退時にも対応します。

また、新型リーフとノート e-POWERは、上記に加え、走行中(〜25km/h)、前方に車両や歩行者などがいる場合に踏み間違いをしてしまったときにも、衝突防止をアシストします。

pedal_01_jp.jpg

技術の働き

前後のバンパーに設置されたソナーで、進行方向にある壁や車両など車両周囲の障害物を検知します。検知した状態で、アクセルが強く踏み込まれた場合には、画面表示と警告音でドライバーに注意を促すとともに、加速を抑制します。
さらに衝突する危険があるとシステムが判断した場合には、画面表示と警告音によるドライバーへの注意喚起と同時に、自動的にブレーキをかけることで、衝突防止をアシストします。

また、新型リーフとノート e-POWERは、上記に加え、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検出することで、走行中の踏み間違いにも同様に対応します。
pedal_02_jp.jpg
 

技術の仕組み

進行方向に障害物が存在することや、障害物までの距離は、ソナーで認識します。衝突の危険があると判断した場合には注意喚起を行うとともに、エンジンやモーターの出力を抑制、ブレーキを作動させます。

また、新型リーフとノート e-POWERは、ソナーに加えてフロントカメラからの情報も用い、より離れた場所にいる車両や歩行者を検出することで、車速25km/hまでの走行中の踏み間違いにも対応できるようになりました。

pedal_03_jp.jpg