将来技術

現在位置
Home>日産のクルマづくり>テクノロジー>技術アーカイブ >将来技術 >軽量な遮音材料(音響メタマテリアル)

軽量な遮音材料(音響メタマテリアル)

遮音材料の性能トレンドを大きく超える特性を持つ、軽量な遮音材料

音響メタマテリアルは周期構造であるハニカムと膜で構成される遮音材料です。

物理法則(質量則)では面密度が高くなると遮音性能は高くなります。
音響メタマテリアルは1000Hz以下で、この物理法則(質量則)を上回る遮音性能を発揮します。ロードノイズ低減に効果的で且つ軽量な遮音材です。

meta_material_01_jp.jpg
meta_material_02_jp.jpg

技術の仕組み

ノイズは空気振動の一種で、音響メタマテリアルにあたるとハニカムと膜の振動により跳ね返されます。
これにより音響メタマテリアルを通過するノイズを効果的に減らし、電動車の静粛性向上にも貢献します。