現在位置
TOP > 車両搭載技術 > ハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー

ハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 環境技術

加速と燃費がよくなる、ハイブリッド車用のバッテリーです。

i_ion_hev_01.gifハイブリッド車の加速や燃費を向上させるのに欠かせないのは、容量の大きい優秀なバッテリーです。ハイブリッド車用のリチウムイオンバッテリーは、従来のバッテリーと同じ大きさなら2倍*の出力を実現しています。
バッテリーの出力が上がると、加速力がアップします。また、減速時のエネルギーを効率よく蓄えることで、燃費も向上するのです。

*アルティマハイブリッド用のバッテリーと比較

技術の働き

ハイブリッド車の場合、バッテリーに蓄えた電力はモーターを駆動することに使うことができます。ここでバッテリーの出力があがると、モーターの駆動力が高まります。したがって、力強くレスポンスのよい加速が実現します。
 また、ハイブリッド車には減速エネルギーを回収して電気エネルギーとして蓄える、回生ブレーキという仕組みが備わっています。バッテリーの容量が大きくなると、より効率的にたくさんの電気を蓄えることが可能になります。すると電力でモーターを駆動する頻度が増え、反対に発電のためにエンジンを働かせる頻度は減ります。したがって、大幅な燃費向上が可能となります。
技術の仕組み
加速と減速を繰り返すハイブリッド車のバッテリーは、パソコンや携帯電話とは異なり大きなエネルギーの放出と蓄積が連続します。したがって耐久性能が必要となります。
そこで冷却性能に優れるラミネート構造のバッテリーセルを採用することで高度な耐久性能を獲得したのです。また、シンプルな構造を採ったので部品点数が少なく、バッテリーの低コスト化も実現しています。
i_ion_hev_03.gif
ラミネート構造バッテリーセル
i_ion_hev_04.gif
ハイブリッド用バッテリーモジュール