現在位置
TOP > 車両搭載技術 > 電気自動車用リチウムイオンバッテリー

電気自動車用リチウムイオンバッテリー

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 環境技術

軽量・コンパクトで大容量のリチウムイオンバッテリーです

EVBattery8cell.jpg
リチウムイオンバッテリーは、鉛酸バッテリーやニッケル水素バッテリーと比べてエネルギー密度が高いことが特長です。同じ量の電気を蓄えるのであれば、バッテリーのサイズを小さくすることができます。

日産のリチウムイオンバッテリーは、リチウムイオンを高密度に蓄えられる素材を採用したことにより、更なる大容量化を実現、航続距離も大幅に延びました。
li_ion_ev_01_jp.jpg

技術の仕組み

日産のリチウムイオンバッテリーは、三元系正極材料とラミネート構造セルを採用したことにより、高いエネルギー密度と信頼性を実現しています。
三元系正極材料は層状構造のため、リチウムイオンを高密度に蓄えることができ、バッテリーの大容量化に貢献します。また、ラミネート構造セルは、高い冷却性能とシンプルな構造が特徴で、省スペース化に貢献しています。高い耐久性と信頼性により、バッテリー容量は8年160,000kmを保証しています。
初代リーフ(24kWh)では、4つのセルで1つのモジュールを構成し、車両に計24モジュールを搭載していましたが、リーフ(40kWh)では8セルで1モジュールを構成することで充填効率を高め、体積を変えることなくバッテリ容量をアップしています。

li_ion_ev_02_jp.jpg
更に、リーフe+では、従来は8枚のセルでモジュールを構成していたのに対し、セルの枚数を自在に変えられる新型モジュールを採用しました。この新型モジュールは、セルの接合部に新工法の「レーザー溶接」を採用することでモジュールの全長を短くするとともに、セルの積層枚数を変えることで車両形状に合わせた最適なモジュール高さとすることができます。

li_ion_ev_03_jp.jpg