現在位置
TOP > 取り組み > 「LEAF to Home」 電力供給システム

「LEAF to Home」 電力供給システム

取り組み

  • 戦略的技術領域
  • 環境技術

いよいよ発進、EVを “電力供給源” にするテクノロジー。

家庭で充電が出来るクルマとして注目を集めているEV。しかし、時代はさらに進んでいます。今やEV から必要に応じて“電気を取り出す=給電する”ことも可能になっているのです。クルマが高出力・大容量の電源になれば、どんな用途が考えられるでしょう? 例えば、電力の不足時に日産リーフから家庭に電力供給する。あるいは停電時に家庭の電気をまかなう。さらには電気の通わない場所でのレジャーや催事でのクリーンな電源として使うなど、その可能性は無限大なのです。「LEAF to Home」―未来を明るく照らし続けるために、日産は更なる技術革新に挑んでいきます。

クルマが “電力インフラ” の一翼を担う未来へ。日産はEVの先へ走り始めています。

日本の一般的な家庭の一日の消費電力量は10 〜12kWh。日産リーフのリチウムイオンバッテリーの容量は24kWh。すなわち、満充電のとき、一般家庭の2日分の電力供給が可能です。自動車用ならではの大容量と高い信頼性を持つバッテリーだからこそ実現できる「LEAF to Home」電力供給システムは、省エネルギー化や代替エネルギーの普及に貢献する新しいインフラとしても注目を集めています。たとえば、電力需要のピーク時に自宅を系統電力網から切り離すことで、社会全体の電力安定供給に貢献する。あるいは、昼間に自宅用太陽光発電を利用して日産リーフのバッテリーに充電し、夜間の電力需要に備える。スマートハウスの実現のために日産リーフのバッテリーは極めて重要な役割を果たします。なお、この機能は現在お乗りの日産リーフに専用プログラムをインストールするだけで利用できるようになります。

システム構成

住宅の分電盤に接続された電力制御装置(PCS: Power Control System)を介し、日産リーフの急速充電コネクターから電力の供給が行われます。家庭の電化製品を一度に使用できるほどの出力を持ち、家庭での電力利用が増加する午前中や夕方などの時間帯においても安定した電力供給が可能です。
leaf_to_home01.jpg

ニュースリリース