現在位置
TOP > 車両搭載技術 > インテリジェントパーキングアシスト

インテリジェントパーキングアシスト

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • ライフ・オン・ボード
ハンドル操作を自動で行うので、簡単に駐車できます
運転が苦手な方でも、楽に駐車ができる技術です。ハンドル操作を自動で行うので、ドライバーはアクセルとブレーキの操作と、周囲の安全確認に専念することができます。
クルマを真上から見ているようなアラウンドビューモニターの映像を利用することで、だれでも簡単に「クルマをどこに止めるのか」を指定することができます。


技術の働き
アラウンドモニターのトップビュー(真上からの映像)を見ながら、クルマを駐車する位置を指定します。すると、指定した位置に向けて、自動的にハンドル操作が行われます。
ドライバーは、画面に表示される手順と音声に従って、アクセルとブレーキを操作します。速度を調節しながら前進/後退をすることで、指定した枠内に駐車することができます。

ipa.png


技術の仕組み
基本的なシステム構成はアラウンドモニターと同じです。車体のフロント、リア、サイドミラー両側にカメラを4つ搭載します。各カメラの映像を変換することで、トップビューを作成します。

f4c4e63c65d3dc_JPN.gif
avm_g_03.gifトップビューより周囲の状況を判断し、「自車両の回転半径中心@」「隣接車両に干渉しないエリアA」「目標駐車位置までの自車両軌跡のシミュレートB」より、指定した駐車位置までのルートを導きます。
※乗車人員、積載量、空気圧などの車両状態や、勾配などの路面状態により、目標駐車枠に対して実際の駐車位置にズレが生じる場合があります。
※自動で障害物を回避する機能はありません。車両の操作をするときは周囲の安全をミラーや目視で直接確認し、適切な運転操作を行ってください。