車両搭載技術

現在位置
Home>日産のクルマづくり>テクノロジー>技術アーカイブ >車両搭載技術 >アラウンドビューモニター(フロント/リアワイドビュー機能)

アラウンドビューモニター(フロント/リアワイドビュー機能)

左右180°のワイドビューを表示し、車両の接近察知をサポート

見通しが悪い交差点や駐車場から後退して出庫する場合において、左右約180°の映像をモニターに表示し、死角になりやすい左右の安全確認を行えるのが「フロントワイドビュー機能」(見通しの悪い交差点など、前進時)、「リアワイドビュー機能」(駐車場の出庫など、後退時)です。この2つの機能は、タッチパネル上のボタン操作で立ち上がります。
また、カーナビと連動した「ナビ連動フロントワイドビュー機能」は、ユーザーがあらかじめ登録しておいたポイントに近づき停車すると「フロントワイドビュー機能」が自動的に作動する機能です。普段よく利用する自宅近くの交差点などで、 ボタン操作を行うことなく前方左右の安全確認をサポートすることができます。

f50d05e3fb8e40.png

(左) フロントワイドビュー機能 (右)リアワイドビュー機能

技術の働き

f50d0612e5244c.gif

車両の前方もしくは後方のワイドな視界をモニターに表示し、約50m先から近づいて来る車両の認識をサポート。自車両に接近する車両などを察知しやすくすることで、左右の見通しが悪い交差点や駐車スペースからバックで出庫する際などの安心感を向上させます。

技術の仕組み

f50d05e9777da2.gif

フロント/リアワイドビュー機能には、アラウンドビューモニターに使用する車載カメラおよび画像処理機能を使用。画像のひずみを軽減する処理を加えています。車体前後に取り付けた、水平角度約180°を撮影できる超広角カメラの高解像度画像を画像処理しています。ナビゲーションシステムが、位置と進行方向を認識することにより、狭い道から広い道に出る場面などが検出可能になりました。

「アラウンドビューモニター」の詳細はこちら