現在位置
TOP > 車両搭載技術 > フロントカメラを用いたマルチセンシングシステム

フロントカメラを用いたマルチセンシングシステム

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術

クルマを前に走らせる時、ドライバーは100%、前だけを向いているでしょうか?

車内での日常的な行為で、視線を前方から移した一瞬の隙。それが、重大な事故を招くこともあります。日産が目指したのは、常に前方の状況の変化をモニタリングし、どの瞬間も安全運転をサポートできるテクノロジー。フロントに搭載されたカメラの画像を解析し、道路・他車両・歩行者の状況など、ドライバーを取り巻く環境を見極め、注意を促し、自車の車線逸脱までも教えてくれる。この「フロントカメラを用いたマルチセンシングシステム」が、車両に搭載した安全テクノロジーと連動。事故のリスクを事前に検知し、ドライバーに知らせます。
front_camera.jpg

画像解析により、前方の危険を検知する「フロントカメラを用いたマルチセンシングシステム」。

「フロントカメラを用いたマルチセンシングシステム」は、ひとつのカメラで前方・側方に潜むさまざまな事故リスクを回避するために、文字通りマルチな役割を果たします。たとえば、前方車両に近付いた場合にドライバーへ警告する「フォワードコリジョンワーニング」。また、進行方向に歩行者がいる場合にその存在を知らせる「歩行者検知」。さらに、走行中に車線から逸脱しそうな場合には「レーンデパーチャーワーニング」が注意を喚起します。日産は複数の機能をシンプルなシステムで実現することで、安全技術を一人でも多くのドライバーにご提供していく考えです。交通事故のないクルマ社会を目指して、日産は確かな安心と安全をお届けしていきます。
front_camera01.jpg
フォワードコリジョンワーニング
自車前方の車両に接近した場合、インストルメントパネルの表示と音で注意を促します。
歩行者検知
進行方向に歩行者がいると、インストルメントパネルの表示と音で注意を喚起します。駐車車両が多い市街地での低速走行時などにドライバーの視界確保をサポート。見落としによる事故を低減します。
レーンデパーチャーワーニング
フロントカメラにより道路上の白線を検知し、自車までの相対位置を計算。走行中に車線から逸脱しそうな場合にインストルメントパネルの表示と警告音で注意喚起し、安全運転を支援します。