現在位置
TOP > 車両搭載技術 > インテリジェント エマージェンシーブレーキ

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術

前方の車両や歩行者との衝突回避をサポートします

前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突を回避したり、衝突による被害を低減するための技術です。
※このページは、歩行者検知機能付きシステムをもとに説明しています。仕様により、歩行者を検知しないシステムもあります。

技術の働き

前方の車両や歩行者に衝突する恐れがあるとシステムが判断すると、表示と音による報知とともに自動的に弱いブレーキを作動させ、ドライバーに衝突を回避する操作を促します。

万一、ドライバーによる回避操作が行われず、衝突する危険性が高まった場合には、衝突の直前に強いブレーキを自動的に作動させ、衝突を回避、または衝突時の被害を軽減します。

emergency_brake_01_jp.jpg
技術の仕組み
フロント カメラフロントガラス上部に設置されたフロントカメラで、前方の車両や歩行者の有無を検知します。
また、車両や歩行者が存在する場合には、その距離を測定します。自車両の速度と、他車両や歩行者までの距離と速度から、衝突する危険性があるかどうかを判断します。