取り組み

Easy Ride

「もっと自由な移動を」実現する交通サービス

日産は、無人運転車両を活用した新しい交通サービス「Easy Ride®※(イージーライド)」を、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)と、2017年に共同開発を開始し、継続的に実証実験を行っています。

EasyRide_main.jpg

「Easy Ride®※」は「もっと自由な移動を」をコンセプトに、誰でもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる交通サービスで、移動手段の提供にとどまらず、地域の魅力に出会える体験の提供を目指します。

「Easy Ride®※」のサービスは、モバイルアプリで目的地の設定から配車、支払いまでを簡単に行うことができる「手軽さ」と、目的や気分に合わせて地元のスポットやおすすめの観光ルートなどの行き先を自由に選択できる「自由さ」、日産ならではの信頼性の高い自動運転技術や無人運転車両でも24時間体制で遠隔管制センターがサポートしてくれている「安心感」を提供することを目指しています。

EasyRide_features_jp.jpg
EasyRide_fieldtests_jp.jpg

技術のしくみ

・日産のSeamless Autonomous Mobility(SAM)と、DeNAのサービス設計と運営ノウハウを融合させた、遠隔管制システム
「Easy Ride®※」の実証実験では、無人運転時でも安心してご利用いただけるサービスの開発を目指し、遠隔管制センターを設置し、両社の先進技術を融合させたシステムによる遠隔管制のテストを行います。
日産のSAMの技術を用いて、車両に搭載したカメラ等がセンシングした車両周囲の状況や車内の様子は 遠隔でモニタリングされます。
さらには、車両配備スケジュールおよび運行は、車両とDeNAのシステムが繋がることで遠隔管制センターで管理することができます。

f59ed8346eaa0d.jpg

・無人運転を実現する日産の最新の自動運転技術
「Easy Ride®※」の実験車両には日産の最新の自動運転技術が搭載されています。
これまでの実証実験で得られたデータ、情報を活かし、今後は無人運転環境でのサービスの検討や運行ルートの拡充、有人車両との混合交通下での最適な車両配備ロジックや乗降フローの確立、多言語対応などの検証を進め、本格的なサービス提供を開始することを目指していきます。

※「Easy Ride®」は株式会社ディー・エヌ・エーと日産自動車株式会社の登録商標です。