現在位置
TOP > 車両搭載技術 > e-POWER

e-POWER

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 環境技術
  • ダイナミック・パフォーマンス

充電を気にすることなく、電気自動車のようなレスポンス・加速性を楽しむことができる

  • 充電を気にすることなく、電気自動車の走りの特長と高い経済性を享受できることが、「e-POWER」の最大のベネフィットです。
  • 「e-POWER」は、走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動ならではのレスポンスの良さ、なめらかな加速、走行時の高い静粛性など、100%電気自動車同様の走りの楽しさを提供します。
  • 構造上、エンジンとタイヤが直接つながっていないため、最も効率の良いエンジンの回転数で発電が可能となり、クルマが使われる頻度が高い市街地走行時において従来型ハイブリッドに対し、競争力のある燃費を実現します。

機能説明

「e-POWER」はガソリンエンジンとモーターを融合した新しい電動パワートレインです。
ガソリンを燃料にエンジンが発電機を回して電気をつくり、「日産リーフ」にも搭載している大出力モーターのみで100%駆動するため、充電を気にすることなく電気自動車そのものの走りを楽しむことができます。
e_Power_01.jpg

技術の仕組み

「e-POWER」のしくみ
「e-POWER」は、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、大出力モーターから成るコンパクトな一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されています。現在広く普及しているパラレルハイブリッドシステムは、駆動にエンジンと小型モーターを併用していますが、「e-POWER」では、エンジンは発電用としてだけ使用するためタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車と異なるのは、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使う点です。「日産リーフ」のエネルギー源はバッテリーのみで、外部から充電器を通じて充電します。
e_Power_02_jp.jpg
「e-POWER」は、「日産リーフ」のシステムや長年の研究開発をベースとしたモーター制御技術、パワートレインの一体化、小型・軽量化、そして如何にエネルギーを効率的に作り出し使用するかというエネルギーマネジメント技術が融合することで実現しました。