現在位置
TOP > 車両搭載技術 > 後側方車両検知警報

後側方車両検知警報

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術

車線変更時、斜め後方の車両の存在をお知らせします。

死角になりやすい隣接レーンの後側方を走行する車両を検知すると、ドライバーに表示で知らせ、さらにウィンカーを作動させた場合には、音と表示で警報します。

bsw_main.jpg

技術の働き

@ 車両後側方に設置されたレーダーセンサーが隣接レーンの車両を検知すると、サイドミラー周辺のインジケーターを点灯させ、ドライバーに報知

A @の状態で、同方向に方向指示器を作動させると、警報音とともにサイドミラー周辺のインジケーターを点滅させ、ドライバーに警報

技術の仕組み


車両後側方に設置されたレーダーセンサーで隣接レーンの車両を検知します。
一部車種では、車両後部に設置されたリヤビューカメラで車両を検知します。

bsw_02.jpg
※安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、ドライバーは天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保、的確な運転操作など、常に安全運転を心がけてください。