現在位置
TOP > 将来技術 > 完全自動運転に向けた取り組み

完全自動運転に向けた取り組み

将来技術

  • 戦略的技術領域
  • ライフ・オン・ボード
  • 安全技術
自動運転技術の開発
日産は「プロパイロット」を、これまでに日本で「セレナ」「エクストレイル」「日産リーフ」に搭載してきたほか、2017年に北米で「ローグ」に搭載し、欧州では「キャシュカイ」に2018年搭載を予定しています。
さらに、2018年には高速道路での車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術、2020年までに、交差点を含む一般道での自動運転技術を投入予定です。
fad-01_jp.jpg


最新の自動運転実験車両
本実験車両には12個のソナー、12個のカメラ、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナー、HDマップが搭載されており、これらを組み合わせて使用することで車両の周囲360度の情報と自車の正確な位置を把握し、交通量の多い交差点を含む複雑な道路環境を自動運転で滑らかに走行することを可能としています。また、実環境に存在する複雑な交通シーンを解析するAI技術を搭載しており、例えば高速道路の料金所に近づくと、システムが走行可能なETCゲートを検出し、そのゲートを自動運転で通過していきます。


fad-sensors_jp.jpg
fad-360_jp.jpg
fad-3photo_jp.jpg