2011年11月2日

日産自動車 アンディ パーマー副社長: インフィニティ事業の本社設立に関するインタビュー

日産自動車は、2012年4月にインフィニティ事業部門の本社を香港に設立すると発表しました。メディアセンターでは、決定までの経緯と今後の活動について副社長のアンディ パーマーに話を聞きました。

Q1. 今日の午前中にニッサンとインフィニティは大々的な発表を行う予定ですが、その詳細を教えてください。

A1.

本日は、日産自動車とグローバルなインフィニティブランドに関わる重大な発表を行います。当社は、2012年4月1日に、香港に日産自動車のハブ拠点を設立することを決定しました。これは大きなニュースで詳しくは後ほどお話ししたいと思います。

香港には、インフィニティの本社も設立します。ここにインフィニティのグローバルなマネージメントに携わる人財ほぼ全員を集め、グローバルマーケティング、グローバルセールス、グローバルコントロールをはじめとした下流工程に関わる一部のグローバル機能を集約します。

とはいえ、全ての機能を移転する、ということではありません。例えば各地域の販売・マーケティングやインフィニティに関わる開発・生産部門を香港に移すわけではありません。香港にグローバル本社機能を集約し、インフィニティのグローバルなマネージメント・チームを配置するということです。

Q2. インフィニティにとっての今回の決定の意義を教えてください。

A2.

実際に業務を始めるのは4月1日からですが、約12ヵ月間の移行期間を設けます。その考え方をご説明しましょう。既に発表しましたように、当社は2016年度までに、インフィニティを世界中でラグジュアリー・ブランドとして展開・拡大する計画です。

現在、インフィニティ事業は米国で大変好調です。さらに力をつけなければならないことは勿論ですが、今後、大きな成長を見込んでいるのは欧州、東南アジア、そして中国です。本計画を実行に移す上で、グローバル活動の候補地を検討した結果、香港が最も有利であると判断しました。

香港は中国市場にあり、東南アジアへの入り口です。また、欧州、米国、そして特に重要な日本とのコミュニケーションも活発です。開発・生産機能は日本に残るため、日本との強いパイプも必要です。香港はほぼ完璧なロケーションと言ってよいでしょう。ですからこそ、香港にグローバル活動の拠点を置くことを決めました。

Q3. 今回の発表に至る外部要因による影響、あるいは、この時期に発表を決めた理由はありますか?

A3.

特に外的要因が影響したわけではありません。インフィニティを真にグローバルな、力強いラグジュアリー・ブランドに育て、ラグジュアリー・カーの市場で10%の市場占有率を獲得するという目標が、今回の決定に至った背景です。

目標達成のためには、グローバルなラグジュアリー・ブランドとしての視点を持つ、グローバルなマネージメント・チームを確立し、強化していかなくてはなりません。インフィニティは、今後、中国と東南アジアで飛躍的な成長を見込んでいます。従って、グローバルなマネージメント・チームを香港に置くことによるメリットが期待できます。率直に言って、インフィニティのグローバル拠点と、ニッサン・ブランドの間に距離を置き、区別することで、ラグジュアリー・ブランドとしてある程度の裁量で成長し、運営できるようにすることも狙いの一つです。また、香港の持つ、欧州、米国、中国、そして日本とのコミュニケーションの良さも判断理由の一つです。従って、外的要因ではなく、むしろ、成長を目指す社内の事情により、決断を下しました。

さらに、日産の一部のグローバル活動を香港に移します。例えば、広報・PR機能の一部です。なぜ香港に移すべきか、というと、香港はメディアの中心だからです。香港では膨大な数のメディアにアクセス可能です。数々の巨大市場の状況を把握するのに、香港は便利な場所です。

Q4. インフィニティの将来の展望を聞かせてください。

A4.

香港への移転は、インフィニティの飛躍的な成長と、世界で認められるラグジュアリー・ブランドになるための確かな足がかりとなるでしょう。

これからも、インフィニティでは多くの取り組みを進めていきます。例えば、向こう数週間以内に、ロサンゼルス・モーターショーでインフィニティJXを披露します。インフィニティJXは、今後発表予定の数多くの新型車の一例です。

また、近々、電気自動車のインフィニティセダンのコンセプトを発表する計画です。既にいくつかスケッチが出来ていますが、近い将来、コンセプトカーを披露します。さらに、わくわくするインフィニティ・スポーツカーも紹介する予定です。従って、今後も一連のインフィニティの新型車を発表し、地理的な拡大を図り、インフィニティブランドを積極的に訴求していきます。

インフィニティブランドの定義は「Inspired Performance」ですが、これは、他のドイツ系のラグジュアリー・ブランドにも言えることです。そこで、インフィニティはInspired Performanceに続いて、アジアのHospitality(おもてなし)を追加しました。香港に本社を置くことで、インフィニティはグローバルな自動車ブランドで唯一、香港をベースとし、真のアジアのおもてなしをご提供することになると言ってもよいでしょう。