「その先」にある未来のタネを見つける

ルチアン・ギョルゲ

PROFILE

ルーマニア生まれ。バングラデシュ、米国、イスラエルなどに住み、
 
1998年に来日
 
2005年
神戸大学大学院 自然科学研究科 情報知能学専攻修了
2005年
日産自動車株式会社 総合研究所入所
以降、運転時の視界やドライバーアシストシステムの研究に従事
運転負荷計測のひとつとして、脳波を使った負荷測定に取り組む
2011年
EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)にSTAとして赴任
同校にてBrain Machine Interfaceについて研究に取り組む
2014年
帰国後、脳計測から見たクルマづくりに貢献するチームを立ち上げる
2015年
総合研究所 SIRとなる
2016年
EPFL博士課程修了(理学博士)
※STA(Short Term Assignment)制度:アサインされたプロジェクトに応じ、限定した期間で海外へ駐在し、プロジェクトの達成に向けた職務に従事する海外派遣プログラム
※SIR(Senior Innovation Researcher)制度:社内外から研究者を広く集め、開発力強化や新技術の研究につなげることを目的とする日産独自の雇用制度。3年間の嘱託契約社員として社内外の優秀な人財を雇用する

クルマに新しい付加価値をもたらす新機軸を探して

基幹産業として日本の高度成長に貢献し、人々に豊かな暮らしや楽しみをもたらしてきた自動車産業は、今、大きな変革期を迎えている。高速道路の単一レーンでの自動運転技術を搭載した「セレナ」が、2016年に日本で発売となった。今後、市街地での自動運転技術の実現も視野に入っている。電気自動車に対する需要もさらに高まることが予想され、コネクテッドカーの技術開発も加速度を増している。
この十数年で急激に進化を遂げたクルマが次々と世に送り出されている中で、ルチアン・ギョルゲはさらにその先の未来を見つめ、手を伸ばしている。「私たちSIR(Senior Innovation Researcher)の役割は未来のクルマにどのような付加価値を提供できるのかを見出し、まだ誰も想像すらできないものを具現化することが使命なのです」

総合研究所に入社後、ドライビングプレジャーとセーフティドライブを両立させるための適応脳科学の研究に従事してきたギョルゲ。研究を前に推し進めるために社内の海外派遣プログラムを利用して、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)にSTA(Short Term Assignment)として赴任。帰国後すぐにSIRとなった。
SIRは成果を上げれば高額な成功報酬をもらえる一方で、成果を出せなければ契約を打ち切られる可能性もある。「研究にはいくつかのステップがあり、5年後にクルマに搭載される技術の研究や、10年先を見据えて商品化に向けた道筋をたてる研究などがあります。私の領域はその先。世の中にあふれている情報の中から本質をとらえ、それを柔軟にほかの情報と組み合わせながら、さまざまな結果を連想することで、課題を解決するためのアイデアを生み出していきます。ハイリスクハイリターンのSIRは、これまで誰も解けない課題に取り組み、未来のコミットメントターゲットを見出すことを求められます」

脳波から探り出す、クルマと人の“超”快適な関係 ドライバーの脳波測定による運転支援技術 Brain-to-Vehicle(B2V)の開発

研究を通して目指している価値は変わらない。自身が18歳の時に初めて運転したフェアレディZで体感したドライビングプレジャーを、あらゆるドライバーに感じてもらうために未来のクルマをつくることだ。「解決の道が見えた課題に対してはすぐに興味をなくしてしまう私ですが、ドライビングプレジャーの追求だけは長い間かかわっても飽きることがありません」と笑う。EPFL時代も含めて深く携わっている研究のひとつが、ブレインマシンインターフェースを使った、クルマと人との『超個人適合』だ。
快適という感覚は、人によって異なる。長年一緒に暮らし同じクルマに同乗する家族であっても、自分以外の家族の運転に「ブレーキを踏むタイミングが遅い」と感じたり、「右折、左折が急すぎる」と違和感を覚えたりすることはよくあることだ。「自分が快適に思う運転と他人のそれとは異なりますし、また同じ人であっても体調が良い時と悪い時とでは、快適に感じるクルマの動きは変わってくるはずです。どんなクルマの動きが快適さにつながるのかを脳との同期を図ることで把握し、その情報を蓄積することでクルマが常に快適なドライビングへと導く技術の研究に長年取り組んでいます。ドライバーが運転時にどんな身体状態にあるのかをシートやハンドルにつけたセンサーや、設置したカメラなどからクルマが理解して、ドライバーに音声で注意喚起をすることを『個人適合』と呼ぶなら、これは『“超”個人適合』。脳波をチェックすることで、自分でも自覚していないような快適さを探りあげ、適切にドライバーをサポートしてくれるようなシステムができれば、クルマを買う選択基準はクルマのフォルムや車内空間などと同様に『日産車のこの“体感”が欲しい』ということになる。そして乗るたびに『もっと乗りたい』と思い、クルマに深い愛着を感じるようになるのではないかと想像しています」

世界中から人財を集めてチームを結成

「私はCatalyst(触媒)」。自分の研究者としての役割のひとつをギョルゲはこう表現する。外部の研究者に自ら声をかけて研究に巻き込み、内部のエンジニアを刺激しながら、最適な研究チームを構築してスピーディーな研究環境をつくるからだ。
「例えば、脳波を計測するこのイージーキャップもオリジナルのものです。スペインのベンチャー企業と開発しました。必要とあれば、自分で海外に飛び、研究者や研究機関にコンタクトをとってチームに加わってもらっています。それがSIRとなった利点の一つ。通常は上司からいくつもの承認を得なければ話を進められないケースでも、副社長直轄のSIRは社外の人とも素早くタッグを組むことができます。見えないものを引き寄せて可視化できるところまでもってくるには、コンピテンシーのある人財が必要です。それを世界中から探せることは、研究にとってとても大きなプラス材料ですし、日産のネットワークを広げることにもなっていると思います」
アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、イギリス、スイス、ギョルゲのチームは世界を股にかけて組織されている。外部の研究者ともチームメンバーのように同等の関係を保っている。そうすることで研究への思いや速度感を共有することができるからだ。「『この課題は解けるはずだ』と私が感じたチャレンジングなアイデアに共感して、響いて、動いてくれる仲間を集めています」

頭に浮かぶ未来と現実とを結ぶ技術を研究し続ける

「私が求めているのは、現状にプラスアルファした程度のイノベーションではありません。自動運転の先の時代を切り開く革新的な研究であり、新しい技術の転換点となりうるものです。将来的に実現する可能性を秘めているけれど、まだ現状の技術が追いついていないので、ひとまずフラッグを立てておくようなものもあります。SIRテーマとしての研究成果を端的に言うとしたら、『脳科学を使って、将来の新しいクルマのカタチに資することができる研究領域を特定できた』ということだと思っています。」こう語り、遠くを見るギョルゲの目が輝く。「私は未来のクルマをつくるためのアイデアが尽きることなく次々と頭に浮かんでいます。ですから、そうした未来に向けた研究をし続けたいです。研究が実を結んで、新機軸のクルマや、これまでなかった付加価値を持ったクルマが生まれるのは先のことになりますが、未来のそのまた未来を探るような研究が新技術の開発につながっていると感じています」

※2017年5月取材
※2018年2月 ドライバーの脳波測定による運転支援技術(B2V)の情報を追加

INDEXへ

PAGE TOPへ