投資家の皆さまへ

現在位置
TOP > 投資家の皆さまへ > IRライブラリー > 決算資料 > 2006年度

決算資料 2006年度

2006年度決算報告および中期計画「日産バリューアップ」(2007/04/26)

開催日
2007年4月26日
開催場所
当社本社講堂


日産自動車株式会社は、2006年度(2007年3月期)決算を発表した。 同期の売上高は10兆4,686億円、 営業利益 7,769億円、 経常利益は7,611億円、 当期純利益は4,608億円となった。 売上高営業利益率は7.4%となった。
2006年度のグローバル販売台数は、対前年度比2.4%減の348万3千台。米国の販売台数は、同4.0%減の103万5千台。日本の販売台数は同12.1%減の74万台。欧州の販売台数は同0.2%減の54万台。一般海外市場の販売台数は同5.1%増の116万8千台。

日産は、中長期の戦略に基づき、将来に向けて多額の投資を特に研究開発を中心に行っている。 また、2007年度にグローバルで11車種の新型車を投入する。
同社は1ドル117円及び1ユーロ148円を想定レートとして、2007年度(2008年3月期)の業績予想を以下の通りと発表した。

・売上高:10兆3,000億円
・営業利益:8,000億円
・経常利益:7,730億円
・当期純利益:4,800億円

決算報告書(連結)

決算短信

決算参考資料(サマリーシート 連結)

決算参考資料(サマリーシート 単独)

プレゼンテーション資料

スピーチ

プレゼンテーション動画配信

2006年度 第3四半期決算発表 (2007/02/02)

開催日
2007年2月2日
開催場所
当社本社講堂

日産自動車株式会社は、2006年度第3四半期及び2006年度期初より第3四半期末迄(9ヶ月間)の決算を発表した。

第3四半期の連結売上高は、前年同期比1.8%増の2兆3,428億円となった。同期間の連結営業利益は、同16.6%減の1,831億円、売上高営業利益率は7.8%となった。同期間の連結経常利益は、同15.6%減の1,771億円、連結当期純利益は、同22.6%減の1,044億円となった。第3四半期のグローバル販売台数は、同3.0%減の79万5千台であった。

2006年度期初より第3四半期末迄(9ヶ月間)の連結売上高は、前年同期比1.2%増の6兆8,772億円となった。また、同期間の連結営業利益は、同15.8%減の5,317億円、売上高営業利益率は7.7%となった。同期間の連結経常利益は、同11.1%減の 5,380億円、連結当期純利益は、同3.5%増の3,786億円となった。
2006年度第3四半期中には、アルティマ、リヴィナジェニス、インフィニティG35セダンを含む6車種を市場投入した。2007年は11車種の新型モデルを市場投入し、さらなる攻勢を図る。
なお、現在の状況及び2006年度末までの残り3か月の見通しから判断し、2006年度通期の連結営業利益予想を7,750億円に、連結当期純利益予想を4,600億円にそれぞれ下方修正した。

決算要旨

決算短信(連結)

決算参考資料(連結)

プレゼンテーション資料

2006年度 中間決算発表 (2006/10/26)

開催日
2006年10月26日
開催場所
当社本社講堂

日産自動車株式会社は、2006年度の中間決算、及び第2四半期決算を発表した。2006年度上期の連結当期純利益は、前年同期比18.8%増の2,742億円となった。保有していた日産ディーゼル工業株式の売却、中国事業における年金制度変更、国内の販売ネットワーク再編に係る損失認識による税金費用の減額が当期利益改善に影響した。
2006年度上期の連結売上高は、前年同期比1.0%増の4兆5,344億円となった。 連結営業利益は、同15.3%減の3,486億円となり、売上高営業利益率は7.7%となった。また、連結経常利益は、同8.8%減の3,609億円となった。
同社は、2006年度下期に9車種の新型車をグローバルで投入する予定である。米国では「セントラ」、「アルティマ」、「インフィニティ G35」、欧州では小型クロスオーバーSUV「キャシュカイ」、日本では「スカイライン」と「オッティ」、中国では「リヴィナ ジェニス」を投入する。同社は「日産バリューアップ」の徹底、そして有利な為替レートを好機として捉え、2006年度通期の予想は変更しない。

決算短信(連結)

決算短信(単独)

決算参考資料(サマリーシート 連結)

決算参考資料(サマリーシート 単独)

プレゼンテーション資料

スピーチ

プレゼンテーション動画配信

2006年度 第1四半期決算発表 (2006/07/25)

開催日
2006年7月25日
開催場所
当社本社講堂

日産自動車は本日、2006年度第1四半期(4月~6月の3ヵ月間)決算を発表。同期連結売上高は、前年同期比3.1%増の2兆2104億円、連結営業利益は、北米において4気筒エンジンの製品補償費用を一括計上したこと等により、前年同期比25.7%減の1,533億円、営業利益率は6.9%となった。連結経常利益は、前年同期比25.6%減の1,567億円、連結四半期純利益は、前年同期比4.2%増の1,102億円となった。前年同期には、固定資産の減損に関わる会計基準の適用、及び確定拠出年金制度導入に伴う一過性の特別損失を計上したため、今期の純利益は増益となった。

同期グローバル販売台数は、前年同期比6.0%減の826,000台となった。今年度後半に、米国向けの新型「セントラ」、新型「アルティマ」、新型「インフィニティG35(日本名:スカイライン)」を含む8車種の新型車をグローバルで発売する予定である。

決算報告書

財務・業績の概況(連結)

決算参考資料(連結)

プレゼンテーション資料

get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader6.0以上のプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。

get Windows Media Player

動画をご覧いただくためには、Windows Media Playerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。


    ページトップへ