会社情報

現在位置
TOP > 会社情報 > 従業員の多様性を活かす(ダイバーシティ&インクルージョン) > 多様な文化間での協働

多様な文化間での協働

日産は世界中のお客さまにクルマをお届けしています。暮らし方や文化によって、求められるクルマやサービスはさまざま。世界中のお客さまのご要望やニーズに応えるためには、さまざまな文化・国籍を持つ従業員の力を活用することが不可欠です。

ルノーとのアライアンスやパートナー企業との協働により、私たちは企業文化の違い、国籍の違いによる思考や好みの違いを確認し、お互いに学び合ってきました。文化・国籍の違い、カルチャーダイバーシティを活かすことはグローバル企業として強みとなると信じています。

お互いの違いを学ぶカルチャーダイバーシティ研修(日本)

文化的背景への理解を深め、相手の仕事のスタイルを学ぶことを目的とした研修を開催しています。フランス編、中国編、インド編、ドイツ編、日本編があり、日本人は、フランス編、中国編、インド編、ドイツ編を、外国籍の従業員は日本編を学んでいます。違いから学び、違いを受け入れることで、新たな企業文化の土壌をつくっています。

文化・国籍の違いを活かすための異文化e-Learning(日本)

日本人従業員を対象に、異文化の根底にある違いを論理的に学びながら、グローバルに役立つ効率的・効果的なコミュニケーションヒントを学ぶe-learningを実施しています。相手への理解を深め、密でスムーズなコミュニケーションに役立っています。

ページトップへ