社会貢献の取り組み

現在位置
TOP > 社会貢献の取り組み > 活動レポート > 2006年

活動レポート

「日産NPOラーニング奨学金制度」第9期奨学生活動レポート


7月から活動を開始した「日産NPOラーニング奨学金制度」第9期奨学生。来年2月末までの活動も、いよいよ中盤に差し掛かりました。この度の活動レポートでは、2名の9期奨学生の活動現場を訪問し、活動前に行うオリエンテーションの様子、活動の様子をお伝えします。

日産FCVが中学校にやってきた (2006/11/15)


11月15日、快晴の日にX-TRAIL FCV 2005年モデルは栃木県の小林中学校を訪れました。

社員のボランティア活動紹介 盲学校の子どもたちと、海とヨットに親しむ「ヨットの会」


夏休みは、子どもたちにとって1年で最も楽しみな時期の1つ。日産ヨット部の有志は、毎年夏、盲学校の子どもたちに、海とヨットに親しむ機会の提供をお手伝いしています。この度の活動レポートでは、「日産ボランティア資金支援制度」を利用して、ヨット教室の開催をお手伝いする社員、斉藤博之と川澄えみのボランティアレポートをご紹介します。

第23回記念「ニッサン童話と絵本のグランプリ」作品展 in 横浜タカシマヤ (2006/09/28〜10/02)


2社会貢献活動として1984年にスタートした「ニッサン童話と絵本のグランプリ」が、今年23年目を迎えたことを記念して、横浜タカシマヤと共催で第23回記念「ニッサン童話と絵本のグランプリ」作品展を開催します。場所は横浜タカシマヤ6階の薔薇の間、期間は9月28日(木)から10月2日(月)、午前10時から午後18時30分まで(最終日は17時まで)。

「世界難民の日」フットサル大会2006を日産スタジアムで開催 (2006/06/25)


6月25日、日産自動車では6月20日の「世界難民の日」にちなみ、社会貢献活動の一環としてフットサル大会イベントに参加しました。「世界難民の日」とは、難民への理解促進を目的に国連総会で制定されたもの。本フットサル大会も、日本国内に滞在している難民と日本人チームが、スポーツを通じて交流することを目的に開催されました。

「日産NPOラーニング奨学金制度」第8期終了報告 (2006/07/04)


今年、9回目を迎える「日産NPOラーニング奨学金制度」。先日7月4日、日産自動車本社にて、9期生の出発と、8期生の活動修了を祝う修了式・スタートアップセミナーを開催しました。

ニッサン童話と絵本のグランプリ 原画展開催 (2006/07/06〜07/18)


1984年にスタートしたニッサン童話と絵本のグランプリは、おかげさまで今年、23年目を迎えました。第23回(ニッサン)ということにちなみまして、このたび全国5箇所の日産ギャラリーにて、7月6日(木)より18日(火)まで、本グランプリ入賞作品の原画展を開催いたします。会場には、お手にとって読んでいただける絵本や、第23回の作品募集要項、第22回優秀賞を収めた小冊子をご用意しております。是非お立ち寄りください。

第22回ニッサン童話と絵本のグランプリ 入賞作品決定及び表彰式開催 (2006/03/19)


2006年3月19日(日)、大阪国際児童文学館講堂において「第22回ニッサン童話と絵本のグランプリ」の表彰式が行われました。受賞者は、童話部門・大賞受賞の佐藤まどかさんと絵本部門・大賞受賞千葉三奈子さんをはじめとする20名。合計2930通の応募のなかから、入賞を勝ち取りました。

日産自動車のスマトラ沖地震・津波被災者支援について (2006/01/06)


一昨年末に発生したスマトラ沖大地震およびインド洋大津波から、すでに2年が経過しました。地震と津波の残した傷跡は現在も癒えることなく、多くの方々が心に傷を抱え、不自由な生活を余儀なくされています。
当社はこれまで、「ただの現金寄附ではなく、現地の真のニーズを考慮し、確実に被災者に届く中長期的な支援を!」とのゴーンCEOの指示のもと、社員とともに、さまざまな活動の支援に取り組んできました。
そこで今回は、地震・津波発生直後に表明した総額1億円以上の津波復興支援の使途を始め、日産自動車の津波支援の全体をご報告します。

日産デザインフォーラム (アジア)


2006年8月のシンガポールを皮切りにアジア7カ国で日産デザインフォーラム "イマジネーション ファクトリー"を開催しました。

ページトップへ