日産グローバルTOP
日産 童話と絵本のグランプリ
第35回(2018年度)入賞作品
童話の部

京都から転校してきて、「ぼく」のとなりの席になった岸田さんと親しくなるきっかけは、しゃっくりと、「なすびはなに色?」という不思議なことばでした。えっ、なに色? 空はみず色で、いちょうの葉っぱが風にゆれる……。色彩豊かな物語です。
(短評:宮川 健郎)

題 名 作 者 氏 名
大    賞 なすびはなに色? 山本 泉
優 秀 賞 春ちゃわん 藪口 莉那
手ぶくろが右と左にわかれているわけ コウタリ リン
名前をかえします なかた 秀子
佳    作 山場先生の保育園 番場 恭子
ぼくとおばあちゃんのシャーベット 石本 湖
ケツァルコアトルスだ! いとう ちえ美
スミッコボウシ 岩田 啓子
最後のお客さん 梅津 敏昭
タヌキのエイプリルフール 遠藤 康代
あ・うん 大谷 誠
おじいさんの仕事 奥山 径
ヤマタイ国、オリンピックに行く 倉本 りっせい
アカ玉 佐藤 剛外
また明日 志津 栄子
ウミホタル、光る 駿河 ようこ
川をのぼる たな ひろ乃
家に牛がいる なかと なみこ
真夜中のレストラン 星村 潤一郎
えんまさんのたまごかけ マサキ ナオミ
大おじいちゃんの木 目黒 広一
雨の日は桜色 もり かのん
朝ごはんの王さま 森 なつこ
さすらいさんのお弁当 よしずみ 敬子
絵本の部

絵についてはキャラクターのデザインに優れ、画面の隅々まで物語に添ってアイデアがほどこされていて楽しめます。おはなしも子どもたちがお化けを怖がりながらも、共感を感じて絵本を見入っていく姿が見えるようでした。絵本としての力があると思いました。
(短評:黒井 健)


絵本大賞 くつやさんとおばけ

題 名 作 者 氏 名
大    賞 くつやさんとおばけ いわさき さとこ
優 秀 賞 満月のよるに しまざき ともみ
ふゆのおうち はらだ・かよ
わーぷ! 佐倉 樟風
佳    作 ぼくだってぼくだって ホンダ エリカ
おとどけものはおねぇちゃん イクセ リョウジ
ハルさんと海に行く こしま そらん
だいちゃんとてつぼう 小林 はるか
ママ、かいます さかもと むつみ
きらきらやまとおにとおばあちゃん 田中 厚志
ヘラジカムースのたいせつなもの たぶし ゆみ
にげだしたあかいおへそ 長野 博
あさとよる 松本 幸穂
だれかがBOSOBOSO 四本 岬