ゼロ・エミッション

現在位置
TOP > ゼロ・エミッション > 電気自動車の歴史

年代別電気自動車一覧

1947年

たま電気自動車

日産初の電気自動車を発売(鉛電池)

1949年

たまセニア EMS型

2Vの鉛バッテリーを40個搭載した5人乗り電気自動車

1970年

Nissan 315X

1970年東京モーターショー出展のコンセプトカー

1973年

Nissan EV4-P

通産省工業技術院プロジェクトに参加して開発された2人乗りトラック
鉛バッテリーを車体中央左右に搭載し、航続距離の目標を180~200kmと設定した

1983年

マーチEV

交流モーターを採用した最初の実験車

1985年

EVガイド-II

1985年東京モーターショー出展のコンセプトカー

1985年

EVリゾート

主にリゾートホテル向けに40台以上販売

1988年~

ごみ収集車

自動車メーカー5社の共同開発
横浜市を中心に販売

1991年

プレジデントEV

パレードなどの先導用車に開発されたオープンカー

1991年

FEV

1991年東京モーターショー出展のコンセプトカー

1993年

セドリックEV

短距離走行用で、エアコン、パワーステアリングなどを装備

1994年

アベニールEV

電力会社を中心に販売

1995年

FEV II

1995年東京モーターショー出展
リチウムイオン電池を搭載したコンセプトカー

1996年

プレーリージョイEV

リチウムイオン電池(円筒型)を搭載した電気自動車として世界で初めて販売

1998年

ルネッサEV

1995年東京モーターショー出展
日本国内で販売
米国カリフォルニア州では「アルトラEV」(米国仕様)を販売し、フリートテストを実施

2000年

ハイパーミニ

日本で超小型電気自動車として販売開始

2005年

ピボ (PIVO)

次世代電気自動車コンセプトカーとして、2005年の東京モーターショーに出展。ラミネート型リチウムイオンバッテリーを世界で初めて搭載し、コンパクトなレイアウトを実現

2007年

ミクシム (Mixim)

次世代電気自動車コンセプトカーとして、2007年のフランクフルトモーターショーに出展

2007年

ピボ2 (PIVO2)

次世代電気自動車コンセプトカーとして、2007年の東京モーターショーで発表。容量を円筒型の2倍にしたラミネート型リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離を延長

2008年

電気自動車
実験車両

2010年に発売する電気自動車の実験車両を発表
ラミネート型リチウムイオンバッテリーを搭載した車両で開発を実施

2008年

ニューヴ (NUVU)

電気自動車のコンセプトカーとして、2008年のパリモーターショーに出展
日産のリチウムイオンバッテリーを搭載

2009年

電気自動車
実験車両

2010年に発売する電気自動車のプラットフォームを搭載した実験車両を発表

2009年

リーフ

リチウムイオンバッテリーを搭載した量産型の電気自動車
2010年度後半に北米、日本、欧州で発売予定

2009年

ランドグライダー

将来の電気自動車の可能性を示すコンセプトカーとして、2009年の東京モーターショーで発表。今までにない運転感覚、新しい都市型モビリティを提案する、タンデム2シーター、ミニマルサイズ

2010年

タウンポッド

電気自動車のコンセプトカーとして、2010年のパリモーターショーに出展
フレキシブルな使い勝手とスマートなスタイリングを持った、乗用車と商用車のカテゴリーを越えるコンセプトカー

2011年

エスフロー

電気自動車のスポーツカーをコンセプトとして、2011年ジュネーブモーターショーに出展。走る喜びと、ゼロ・エミッションモビリティの両立を表現した

2011年

ピボ3

電気自動車のコンセプトカーとして、2011年の東京モーターショーに出展
ピボ3のコンセプトは初代ピボ、ピボ2をベースに、未来のイマジネーションの領域から、日産が考える近未来のカーライフを具現化した

2012年

e-NV200 コンセプト

2012年北米国際自動車ショーにて、革新的な「e-NV200」コンセプトモデルが初公開。多目的商用バン「NV200」をベースにした100%電気自動車(EV)

2013年

ニッサン
ブレードグライダー

2013年東京モーターショーに出展。

2014年

e-NV200

多目的商用バン「NV200バネット」をベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、「NV200」の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えたモデル。

2015年

日産リーフ
マイナーチェンジ

充電走行距離が280kmに大幅アップし、自動ブレーキを全グレードに標準化

2016年

ニッサン
ブレードグライダー
プロトタイプ

2013年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー「ニッサン ブレードグライダー」のプロトタイプモデル。

2017年

新型日産リーフ

成長市場であるメインストリーム電気自動車の新基準、新型日産リーフ