現在位置
TOP > 車両搭載技術 > SRSエアバッグシステム

SRSエアバッグシステム

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術

乗っている人を守るため、衝突時には瞬時に膨らみ、ダメージを吸収・緩和。

万が一の衝突時、エアバッグが瞬時に膨らみシートベルトとの併用によってあなたと、一緒に乗っている方の頭や胸の衝撃を緩和するシステムです。

目的

SRSエアバッグシステムは、万一の衝突事故の際、瞬時に膨らみシートベルトとの併用によって乗員への衝撃を緩和するシステムです。側面衝突時に、運転席・助手席の乗員の胸部を守るSRSサイドエアバッグシステム、前後席の乗員頭部を保護するSRSカーテンエアバッグシステムがあります。
日産は、日本で初めて運転席SRSエアバッグシステムの標準装備を開始したほか、高級車のための装備と考えられていたSRSカーテンエアバッグシステムを日本で2002年に発売したマーチにも採用するなど、積極的にSRSエアバッグシステムの採用を進めています。

※SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

側面衝突時、頭や顔、首に傷害を受ける率が高い

srs_02.jpg
自動車乗車中の年間死傷事故(死亡+負傷)(2000年)
側面衝突時には、頭部、顔部や頸部などの傷害比率が高く、特に頸部は、60.5%と圧倒的に高い比率になっています。3つの部位を合計すると、実に75.5%という数字になります。

特長

側面衝突時、頭・顔・頸部への衝撃を緩和

「SRSカーテンエアバッグシステム」は、側面に衝撃を受けると、ルーフサイドに組み込まれていたエアバッグが瞬時に膨らみ、前後席の乗員を保護するシステムです。このエアバッグは乗員の頭部・顔部とピラーやサイドガラスとの衝突による衝撃を緩和するとともに、首の過度な屈曲を抑制し、頸部の傷害も軽減することができます。

この機能が搭載されている主な車種

 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE