現在位置
TOP > 車両搭載技術 > プロパイロット パーキング

プロパイロット パーキング

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • ライフ・オン・ボード

スイッチ操作だけで、駐車時に必要なすべての操作を自動で制御する先進の自動駐車機能です。

新開発のプロパイロット パーキングは、 3ステップの操作だけでステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト、さらにパーキングブレーキまですべて自動制御し、駐車完了するまでドライバーをアシストします。

駐車スペースにあわせ、後向き駐車、前向き駐車、縦列駐車を選択することができる最先端の自動駐車機能です。

機能説明

3ステップのスイッチ操作で、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト、さらにパーキングブレーキまで、すべてを自動制御します。駐車終了後は、自動的に電動パーキングブレーキの作動と[P]レンジへのシフトチェンジも行います。
1. 駐車したいスペースの手前で、プロパイロット パーキングスイッチを1回押し、ゆっくりと前進して駐車したい場所の真横に車両を止める。
ProPILOT_Park_Step02.jpg
2. クルマが駐車可能スペースを自動検知し、ナビ画面上に[P]マークを表示。確認後に[駐車開始]ボタンを押す。
ProPILOT_Park_Step01.jpg
3. プロパイロットパーキングスイッチを駐車完了まで押し続ける。
スイッチを離したり、ブレーキやハンドルを操作すると車両は停止します。
ProPILOT_Park_Step03.jpg
propilot_arrow.png
駐車完了。自動的に電動パーキングブレーキ作動&[P]レンジにシフトチェンジ。
ProPILOT_Park_Step04.jpg
並列・縦列などの様々な駐車シーンや、何度も切り返しが必要な難しい場所でも、ドライバーの代わりに駐車操作を行います。
障害物があったり歩行者が接近すると、危険を察知し自動的に停止、安全を確保します。

技術の仕組み

4つの高解像度カメラを用いた高度なリアルタイム画像処理技術と、車両周囲に配置した12個のソナー情報とを組み合わせ、車両周辺の状況を検知します。検知した情報をもとにアクセル、ブレーキ、ステアリング、シフトを連動させて高精度に車両をコントロールし、安全かつ正確に自動駐車を行います。
ProPILOT_Park_Camera_Sonarr_jp.jpg