現在位置
TOP > 車両搭載技術 > 車線逸脱警報

車線逸脱警報

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術
車線から外れると、注意を促します
ドライバーが意図しないのに車線を逸脱した場合に、これを検知して警報で注意喚起することで安全性を確保するための技術です。
new_ldw.jpg

技術の働き
自車両が走っている車線を認識します。ここで意図的ではないドライバーの操作によって車線をはみ出した場合、ディスプレイへの表示と音声で注意を促します。
技術の仕組み
フロントまたはリアに設置したカメラを用いて、走行車線の白線を認識します。白線の位置と、走行方向、そしてドライバーの操作を総合的に判断して、意図的な車線変更でないと判断した場合には警告を発します。
たとえばドライバーがウインカーを操作して意図的に車線変更を行うケースでは、このシステムは作動しません。

ldw_02.gif
※安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、ドライバーは天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保、的確な運転操作など、常に安全運転を心がけてください。

関連ムービー

新シャシー制御