現在位置
TOP > 車両搭載技術 > エマージェンシーブレーキ

エマージェンシーブレーキ

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術
前方の車両や歩行者との衝突回避を支援します
前方の状況をチェックし、車両や歩行者との衝突を回避したり、衝突による被害を低減するための技術です。

技術の働き
前方の車両や歩行者と衝突する危険を察知すると、ディスプレイへの表示とブザーでドライバーに危険を回避する操作をするように促します。ドライバーが減速できなかった場合には緊急ブレーキを作動させて減速、衝突を回避するか、衝突時の被害を低減します。

eb_1.png
技術の仕組み
em2.gifフロントに配置したカメラが、前方の車両や歩行者の有無を検知します。もし車両や歩行者が存在する場合には、距離も測定します。自車両の速度と、他車両や歩行者までの距離と速度から、衝突する危険性があるかどうかを判断します。急激に距離が縮まるなど衝突の可能性が高いと判断した場合には、まずディスプレイ表示とブザーでドライバーに注意喚起を行い、危険を回避する操作をするように促します。ドライバーの回避操作が遅れた場合や、行わなかった場合には、緊急ブレーキが作動して速度を落とします。速度を落とすことで危険を回避できるか、完全に回避できなくても被害を軽くすることができます。
※エマージェンシーブレーキは、約10〜80km/hの範囲で前方の車両や歩行者と衝突する可能性がある場合に作動し、自動的に停止又は減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。認識性能には限界があり、また道路状況や天候等によっては、システムが作動しない場合があります。システムだけに頼った運転はせず、安全運転を心がけて下さい。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

関連ムービー

 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE