現在位置
TOP > 車両搭載技術 > 後側方車両検知警報

後側方車両検知警報

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • 安全技術
死角になりやすい斜め後方の車両の存在をお知らせします
どれだけ注意しても、走行中に斜め後ろを走っているクルマの存在には気付きにくいものです。斜め後方の車両の存在を検知してドライバーにお知らせし、安全を確保するための技術です。

技術の働き
自車両の斜め後方に別の車両が走っていることを認識すると、サイドミラー周辺のインジケーターでその存在をお知らせします。
斜め後方に車両がいるにもかかわらず、そちらの方向にウィンカーを出すとインジケーターの点滅とブザーで注意を促します。
bsw_1.png
技術の仕組み
後方に向けたカメラを用いて、ドライバーの死角になりやすい斜め後方の車両の存在を検知します。
※安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、ドライバーは天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保、的確な運転操作など、常に安全運転を心がけてください。

関連ムービー

 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE