現在位置
TOP > 車両搭載技術 > アラウンドビューモニター

アラウンドビューモニター

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • ライフ・オン・ボード
  • 安全技術

空から見ているような視点でクルマの周囲が確認できるモニター

アラウンドビューモニターは、クルマの真上から見ているかのような映像によって、周囲の状況を知ることで、駐車を容易に行うための支援技術です。クルマの真横や斜め後ろなど、クルマのまわりには目の届きにくいところがあります。けれどもこの装置があれば、見えにくい障害物であっても気付くことができるのです。

aroundviewmoitor.gif
 
技術の働き
アラウンドビューモニターは、4つのカメラが撮影した映像を処理し、あたかもクルマの真上にカメラがあるような映像をモニター画面に表示します。クルマの周囲の状況を一目で把握できるので、駐車などの時に大きな助けになります。
avm_01.jpg


・トップビューによって、車両の周辺の人や障害物の存在を確認することができます。

・トップビューと、フロント/リヤビューを並べて表示することもできます。車両周辺と前方、後方を同時に確認できます。

・リヤビューとサイドブラインドビューを並べて表示することも可能です。縦列駐車で一番気になる左前方と後方を同時に確認することができます。
技術の仕組み
アラウンドビューモニターのシステムの基本となるのは、前後左右に設置された4つの広角カメラです。
左右両方向を映すサイドブラインドビュー、後方を映すリヤビュー、前方を映すフロントビューを基に、4つのカメラの映像信号を、映像処理ユニットに集めます。ここで映像の処理を行い、4つの画像を変換・合成することでクルマの真上から見ているようなトップビューが生まれます。この画像処理技術がアラウンドビューモニターのポイントです。
abm_img04.gif
 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE