現在位置
TOP > 車両搭載技術 > ALL MODE 4x4-i (トルクベクトル付)

ALL MODE 4x4-i (トルクベクトル付)

車両搭載技術

  • 戦略的技術領域
  • ダイナミック・パフォーマンス
ALL MODE 4x4-i(トルクベクトル付)は、従来の4WDシステム(ALL MODE 4x4-i)を進化させ、走破性能とスポーティなハンドリング性能を両立しました。
リアファイナルドライブユニットが、後輪左右へトルクを自在に配分し、ヨーモーメントをコントロール。よりスポーティなハンドリング性能を実現しました。

特長

従来のALL MODE 4x4-iで行っていた前後輪のトルク配分に加えて、ALL MODE 4x4-i(トルクベクトル付)は後輪左右へのトルク配分を可能としました。

・ 路面・走行状態に応じて、トルク配分比を前後間で100:0〜50:50、後輪左右間で100:0〜0:100まで最適にコントロールします。
・ コーナリング時は外輪側に大きなトルクを配分することで、車両にヨーモーメントを与え、スポーティなハンドリング性能を実現しました。
j_4x4haibun.jpg
旋回初期(図中@)はステアリング操作に対するレスポンスが良く、俊敏に向きが変わり、旋回加速中(図中A)はアンダーステアを抑制し、意のままにライントレースできます。
j_4x4.jpg
リヤファイナルドライブユニット
ファイナルドライブの左右に電子制御カップリングを搭載したリヤファイナルドライブユニットは、きめ細かい後輪左右間のトルク配分を行います。
j_4x4ec.jpg
 

NISSAN TECHNOLOGY MAGAZINE