品質への取り組み

現在位置
TOP > 品質への取り組み > 感性品質

感性品質

感性品質とは

感性品質とは、お客さまが”見て・触って・使って”、感じる品質感のことです。
例えば、お客さまがショールームでクルマをご覧になるとき、車体を見回し、ドアを開け、シートに座って、細かい部分の質感や触感を確かめられると思います。日産では、そのときに感じる高級感や触感の良さといった“人の五感で感じる全ての品質感”を向上させていきます。

  • “見て”
  • “触って”
  • “使って”

感性品質の目標

品質向上プログラム「クオリティの向上」では、お客さまに他社にはない高い魅力を日産車に感じて頂くため、品質向上の目標や方策を明確化し実行していきます。

目標達成を目指して、日産では、さまざまな取り組みを行っています。

  1. 高い魅力を感じて頂くために、何に魅力を感じているかといった、お客さま感性の徹底した理解を進めています。
  2. 普段気づきにくい細部の処理にまで気を配り造り込むことによって、本当の高品質なクルマを届けます。
  3. 社会・先進技術動向の将来予測から、他社にはない魅力を先取りしてクルマに織り込んでいきます。

感性品質の取組み

ページトップへ