品質への取り組み

現在位置
TOP > 品質への取り組み > お客さま視点から品質向上へ

お客さま視点から品質向上へ

市場の声、お客さまの生の声が、明日の品質をつくる
イベントや研修を通して、品質向上への意識を高めています

品質に対する社員・サプライヤーの意識を高める ―日産クオリティーフォーラム―

日産では、社員とサプライヤーを対象に、最新の品質への取り組みをパネルや実際の部品・車両の展示で紹介するイベント「日産クオリティーフォーラム」を開催し、品質に対する意識の向上に努めています。この品質イベントは2003年より毎年実施しており、神奈川県にある日産テクニカルセンターで開催したフォーラムでは、デザイン、開発、生産、TCSX(トータルカスタマーサティスファクション本部)など複数の部門が共催し、様々な品質向上活動について展示を行い、4日間でサプライヤー約200社含め延べ8,000人が会場を訪れました。さらに日産では、世界各地の拠点においても品質イベントを開催しており、社員とサプライヤーが協働して品質向上に向けた取り組みを推進しています。

お客さま視点で考える社員研修 ―CSマインドトレーニング―

お客さまの視点でお客さまの気持ちになって考え、社員一人ひとりが自らの業務を見つめ直すことで改善点を見出すことを狙いとした研修が、「CS(顧客満足)マインドトレーニング」です。日産自動車の全新入社員、入社3年目、新任マネージャーの社員に向けて実施しており、世界各地の拠点にも広がりを見せています。研修では、全社の品質方針や活動、そして、実際のお客さまの生の声を事例として採り上げ、グループディスカッションを通じて「お客さまのために何ができるか」「現状に必要なものは何か」を話し合うなど、社員それぞれのCS観点からの品質向上に対する意識の醸成につなげています。

ページトップへ