工場の紹介

日産車をお使いいただくお客さまにつくり手の心が伝わるヒューマンなクルマづくり。私たちは高度な技術と真心で最高の品質を追求しています。 栃木工場では、1968年にアルミ・鉄の鋳造、翌年にはアクスルの機械加工・組立を開始し、1971年の組立工場の完成に伴い、車両の最終組立までを行う一貫生産体制を確立しました。日産の国内工場では最大の面積を誇る工場敷地内では、高級車やスポーツカーを生産しています。

工場プロフィール

敷地面積・・・約2,922,000㎡(栃木試験場を含む)
従業員数・・・約5,000名(2014年4月1日時点)
生産能力・・・約25万台/年(残業・休出除く)
生産品目・・・
[国内向け]
シーマ ハイブリッド、フーガ ハイブリッド、スカイライン、GT-R、フェアレディZ など
[海外向け]
インフィニティ QX70、インフィニティ Q50 など
鋳造部品、アルミ部品、車軸部品

生産車種

  • シーマ シーマ
    日産GT-R 日産GT-R
    フーガ フーガ
  • スカイラインクーペ スカイラインクーペ
    フェアレディZ フェアレディZ
    スカイラインクロスオーバー スカイラインクロスオーバー
  • インフィニティQX70 インフィニティQX70
    インフィニティQ50 インフィニティQ50

    工場の特徴

    さまざまなテストコース

    全長6.5kmの高速耐久テストコースのほか、高速散水路や石畳などのさまざまな環境・条件を想定した各種テストコースがあります。日産車は、このようなコースにおける数々の厳しい実験を経て、開発されています。

    多彩なイベントを通じて地域と共生

    栃木工場では、地域の皆様とのふれあいを大切にした手作りのお祭り、しらさぎ祭り、会社をあげて参加しているお神輿まつりなどのイベントを通じて、地域とのコミュニケーションの充実を図っています。

    くるまとかんぴょうの街 上三川

    栃木工場がある上三川町は人口約3万人で、県央部に位置し宇都宮市の南に接しています。かんぴょう生産の中心地で、キュウリ、ほうれん草などの野菜や苺も生産されています。近くには栃木県の伝統産業の一つである益子焼(陶器)で有名な益子があります。
    また、県北部は日光をはじめ男体山、中禅寺湖など景勝の地や那須、塩原、鬼怒川など多くの温泉があり国際的な観光地として知られています。

    工場トピック

    (トピックがある時に掲載します)

    工場見学のご案内

    工場正門

    シーマ ハイブリッド・フーガ・フーガ ハイブリッド・スカイライン・スカイライン クロスオーバーを生産しているラインをご覧いただけます。
    <ご連絡>
    生産の都合により、2014年9月15日の工場見学からしばらくの間、 見学内容を一部変更してご案内致します。

    お申し込みの際は見学内容をご確認の上、お申し込み下さいますよう宜しくお願い致します。
    皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

    横浜工場の「エンジン組立ライン」のなかの、最新の「MR型エンジン」(直列4気筒、排気量 1800及び2000cc)の生産ラインの見学をご案内しています。このエンジンはルノー社との共同開発プログラムに沿って開発されたエンジンで、日産自動車の最新の環境技術がたくさん採用されているほか、最新の「モノづくり」の生産技術をご覧いただけます。同時に見学コースのなかに「体験コーナー」が設置されています。このコーナーでは実際のエンジン組立ラインに採用されている「モノづくり」の工夫のうちのいくつかの簡単な装置を展示し、実演しています。見学のみなさまも実際に体験していただける楽しいコーナーになっています。
    2008年1月からは新型NISSAN GT-Rに搭載されている「VR38型エンジン」の組立工程の見学ご案内を始めました。「MR型エンジン」などの量産型エンジン生産の流れ作業方式とは異なり、クリーンな作業室内で熟練作業者が一台一台丁寧に組立てるシーンがご見学できます。 ※VR38型エンジン見学コースをご希望の方は「その他」の欄に記入をお願いいたします。ただしご希望に添えない場合もございます。

    お知らせ・注意事項 他

    お申し込みについて

    • ・下記の「小学校社会科見学/一般の方のお申し込み」よりお申し込みください。
    • ・お申し込み受付は先着順です。
    • ・観光会社様を通じてのお申し込みは受け付けておりません。ご本人様より直接お申し込みください。
    • ・仮予約は受け付けておりません。
    • ・ご見学が決定したお客さまには、ご見学の2週間前までに参加者名簿をご提出いただきます。(学校単位でお申し込みの方以外)
    • ・お申し込み後、メールあるいはお電話にて、内容の確認をさせていただく場合があります。

    ご見学について

    撮影禁止 喫煙禁止

    • ・工場内(ゲストホールを除く)での撮影はできません。写真・VTR撮影、カメラつき携帯電話のご使用はご遠慮ください。
    • ・工場内での喫煙はご遠慮ください。
    • ・飲酒されている方の見学はお断りする場合があります。
    • ・都合により、ご予約後に、見学日時の変更をお願いする場合があります。
    • ・ご見学時は、動きやすい服装・靴でお越しください。(ハイヒール・サンダルなどの着用はご遠慮ください。)
    • ・小学校のご見学は、帽子の着用を必須とさせていただいておりますので、ご持参ください。
    • ・見学コースには階段が数ヶ所ございます。車椅子・松葉杖等をご使用の場合は、事前にご連絡下さい。
    • ・他のお客さまと合同でご案内させていただく場合もございます。
    • ・ゲストホールなど工場敷地内でのお食事はできません。
    小学校社会科見学のお申し込みこちらをクリック

    見学実施日

    月〜金曜日
    但し、都合により、見学をお受けできない場合があります。
    見学可能日は、下記お申し込み画面のカレンダーをご覧ください。

    <ご連絡>
    生産の都合により、2014年9月15日の工場見学からしばらくの間、見学内容を一部変更してご案内致します。

    見学内容をご確認の上、お申し込み下さい。

    見学内容

    ビデオ上映、説明
    組立ライン見学
    質疑応答(バスの中)

    ■ 9月15日からの見学内容 ■

    工場の紹介
    ビデオ上映
    車体(溶接)工場の一部見学
    組立工場の一部見学
    質疑応答(バス内)
    ※生産の都合により、見学内容を変更する場合がありますので予めご了承下さい。

    見学時間・可能人数

    対象月 9:00〜10:30 (90分) 10:00〜11:30 (90分) 10:30〜12:00 (90分) 13:20〜14:50 (90分)
    1月〜2月 60名様 90名様 90名様
    3月〜8月 60名様 60名様
    9月 120名様 120名様
    10月〜12月 90名様 120名様 120名様

    ※都合により、見学時間を変更する場合があります。

    小学校社会科見学のお申し込み

    見学希望日3ヶ月前の同日(8:00am)より、お申し込みが可能です。
    (例:見学希望日 9/20 → 6/20 8:00am〜お申し込み受付開始)

    一般の方の工場見学のお申し込みこちらをクリック

    見学実施日

    月〜金曜日
    但し、都合により、見学をお受けできない場合があります。
    見学可能日は、下記お申し込み画面のカレンダーをご覧ください。

    <ご連絡>
    生産の都合により、2014年9月15日の工場見学からしばらくの間、見学内容を一部変更してご案内致します。

    見学内容をご確認の上、お申し込み下さい。

    見学内容

    ビデオ上映、説明
    車体(溶接)の一部見学
    組立ライン見学
    質疑応答

    ■ 9月15日からの見学内容 ■

    工場の紹介
    ビデオ上映
    車体(溶接)工場の一部見学
    組立工場の一部見学
    質疑応答
    ※生産の都合により、見学内容を変更する場合がありますので予めご了承下さい。

    見学時間・可能人数

    対象月 9:00〜11:00 (120分) 13:20〜15:20 (120分)
    1月 2〜20名様 2〜20名様
    2月〜4月 2〜40名様 2〜40名様
    5月〜12月 2〜20名様 2〜20名様

    ※都合により、見学時間・人数を変更する場合があります。
    ※中学校・高校(学校単位)のご見学は車体(溶接)見学はございませんのでご了承下さい。(見学時間90分)

    見学対象

    4歳以上(安全確保の為、3歳以下のお子様はご遠慮ください。)
    小学校3年生までのお子様がいらっしゃる場合は、1人のお子様に対し、必ず保護者1名以上の同行をお願い致します。
    また、その場合、1グループ20名(大人10名+お子様10名)を限度とさせて頂きます。
    中学生以下のお客様は、保護者の引率をお願い致します。
    同業他社およびその関連企業にお勤めの方の見学、営利目的のご見学は、ご遠慮いただいております。
    海外のお客さまは、通訳の方のご同行をお願いします。(外国語でのご案内は行っておりません。)

    一般の方の工場見学のお申し込み

    見学希望日3ヶ月前の同日(8:00am)より、お申し込みが可能です。
    (例:見学希望日 9/20 → 6/20 8:00am〜お申し込み受付開始)
    お申し込みは、携帯電話のメールではご利用いただけません。パソコンのメールをご利用ください。

    一般の方の環境施設見学のお申し込みこちらをクリック

    見学実施日

    月〜金曜日
    但し、都合により、見学をお受けできない場合があります。

    <ご連絡>
    生産の都合により、2014年9月15日の工場見学からしばらくの間、見学内容を一部変更してご案内致します。

    見学内容をご確認の上、お申し込み下さい。

    見学内容

    ビデオ上映、説明
    組立ライン見学
    環境施設(水質管理センター)の見学
    (工場から出る排水を浄化処理している施設)
    質疑応答

    ■ 9月15日からの見学内容 ■

    工場の紹介
    ビデオ上映(組立工場を映像でご紹介)
    車体(溶接)工場の一部見学
    環境施設(水質管理センター)の見学
    質疑応答
    ※生産の都合により、見学内容を変更する場合がありますので予めご了承下さい。

    見学時間・可能人数

    対象月 13:20〜15:20 (120分)
    1〜12月 5〜20名様 (18歳以上)

    見学対象

    同業他社およびその関連企業にお勤めの方の見学、営利目的のご見学は、ご遠慮いただいております。
    海外のお客さまは、通訳の方のご同行をお願いします。(外国語でのご案内は行っておりません。)

    お申し込み方法

    上記の(一般の方の工場見学)応募フォームよりお申し込みください。
    尚、お申し込みの際「見学のお申し込み」入力フォームの“その他”欄へ「環境施設見学希望」と入力下さい。

    お問い合わせ先

    日産自動車(株) 栃木工場 ゲストホール
    電話:0285-56-1214
    受付時間:8:30〜17:00(土日・工場非稼働日除く)

    出張授業のお申し込みについて

    日産自動車は、工場見学の他、出前授業を体験いただける「日産モノづくりキャラバン」を神奈川県、栃木県、福岡県でスタートしました。
    詳しくは詳細ページをご覧ください。
    「日産モノづくりキャラバン」のご案内ページへ

    日産モノづくりキャラバン

    アクセスマップ

    ■電車でお越しの場合

    JR東北本線(宇都宮線)の「石橋駅」下車、車で約10分

    ■お車でお越しの場合

    北関東自動車道 宇都宮上三川インターより5分

    ■連絡先

    日産自動車(株) 栃木工場 ゲストホール
    〒329-0692 栃木県河内郡上三川町上蒲生2500
    TEL: 0285-56-1214

    ■お願い

    1)工場に関するお問い合わせ
    0285-56-1204(代表)
    2)工場見学に関するお問い合わせ
    0285-56-1214(ゲストホール)
    ※間違い電話が大変多いので「お確かめ」の上、お電話ください。

    ■検索ポイント!! 工場見学でゲストホールをナビ検索する方法

    1)住所検索方法
    栃木県河内郡上三川町上蒲生2524
    (栃木日産上三川営業所を案内します)
    2)電話による検索方法
    0285-56-7723
    (栃木日産上三川営業所を案内します)
    ※実際に案内されます場所は、ゲストホールと異なりますが、案内される販売店についてはゲストホール前にありますので、
     販売店横の栃木工場正門から入場し、すぐ右手がゲストホールとなります。

    印刷用ページはこちら

    イベントのご案内

    最新のイベント

    (イベントがある時に掲載します)

    定期イベントのご紹介

    栃木工場では、しらさぎ祭りやしらさぎマラソン大会の開催、さらにクリーンアップフェアへの参加などを通じて地域との共生を目指しています。

    しらさぎ祭り毎年3万人もの来場者で賑わう栃木工場最大のお祭りです。地域の皆さんと社員とのふれあいの場として、毎年大きな盛り上がりを見せています。

    しらさぎマラソン大会テストコースや構内の施設を開放し、地域と共にマラソン大会を開催しています。子どもから大人まで関東近県から約1,300名の選手が参加します。

    ふれあい見学会福祉施設の皆さんと社員ボランティアが、工場見学と昼食懇談会を通じて交流を深めています。
    これは、社員に対するボランティア機会の提供と実践の場でもあります。

    クリーンアップフェアへの参加栃木県、宇都宮市などが主催する環境保全イベントに参加し、日産の環境への取り組みや環境にやさしいクルマを紹介しています。

    社員による交流活動「四季だより」

    クルマづくりの技術と緑豊かな工場の特性を活かし、春は竹の子、夏はかぶと虫、秋は栗、冬は手作りサンタクロースと、四季折々のプレゼントを福祉施設や幼稚園にお届けしています。

    環境への取り組み

    栃木工場では以下のような環境の取り組みを行っています。

    環境スローガン

    『かけがえのないこの水と自然を、私たちの手で守り続けよう』

    取り組むべき重要課題

    1.事業活動の環境影響を把握し、法規制の遵守はもとより、自主的な改善目標に全員で取り組み
    環境負荷の継続的改善を図ります。

    2.資源の有効活用の為、省資源・省エネルギー・産業廃棄物削減を促進します。

    3.明るく開かれた工場として地域社会に融けこみ、地域環境保全に貢献します。

    4.栃木地区で働く全ての人々が協力して、環境を大切にする企業風土づくりを進めます。

    2012年度の主な活動実績

    CO排出量の削減

    集塵機ファンのインバータ化

    栃木工場では、今年度も継続して生産設備の省エネに取り組んでいます。主な内容としては、鋳造集塵機のインバーター制御導入やインバーター省エネモードの活用、鋳造炉空気比改善などを実施しました。
    また、各職場ごとの活動として設備ごとの電力測定を週ごとに行いロスを徹底的に削減するWeekly省エネ活動の推進を図っています。
    更に工場全体の取組みとしてコジェネレーション設備※を有効活用し、夏季の電力ピーク抑制にも貢献しています。
    身近な省エネ活動の推進も実施し、省エネ・CO2削減に社員一丸となり積極的に取り組んでいます。
    ※石油やガスなどの一次エネルギーから、電力と熱のように2種類以上の二次エネルギーを取り出すシステムのこと。

    資源の有効活用

    鋳造溶解炉

    徹底した分別とリサイクルにより、2006年以降、再資源化100%を維持するとともに、廃棄物の排出量の削減にも取り組んでいます。
    工場から排出されるゴミは26種類に分類され、分別を徹底(分別不良率は1%以下を維持)する事で廃棄物の高度リサイクルを進め、近年では廃棄物の構内での再資源化促進の取組みを推進しています。

    <再資源化の例>
    1.車体溶接工程から発生する銅チップを鋳造工場溶湯の成分調整材として再利用化の実施。
    2.鋳造集塵ダストを再度原材料として再利用の実施。

    地域との共生

    帝京大学の進学体験イベント

    近隣の大学での進学体験イベントや、工場を一部開放して開催される”しらさぎ祭り”への環境ブースの出展、及び地域の方や各企業の方への環境施設見学等を通じて、環境保全の大切さを伝えることが出来ました。

    また、環境施設見学を多くの方にご見学いただけるよう、Web予約ができる様にしています。

    日産の環境への取り組みはこちら