ABOUT US

  • 予想困難な変化の時代を生きる私たち


    現代に生きる私たちは転換のときを迎え、人々の価値観も大きく変わろうとしています。その根底にあるのが、世界情勢のさまざまな変化。震災や洪水をはじめとした大規模災害、不安定な世界金融、地球規模で日々深刻化する環境問題など、予想困難な数々の出来事が今日も世界中で起きています。しかしそこに残るのは不安や不透明感だけではありません。限りある資源を有効活用する技術の開発や新エネルギーの発掘など、私たちは今、チャンスをも迎えているのです。

  • 未来のクルマ社会に影響を与える重要な4つのトレンド


    予想困難な変化の時代において、総合研究所のミッションは「将来のモビリティ社会に貢献する新たな価値の創造」であると私たちは考えています。そのための重要な要素として着目しているのが、1・電動化 2・高齢化 3・サービス産業化 4・都市化 という4つの社会トレンド。それぞれのトレンドに呼応した研究ドメインにおいて、クルマという移動手段と私たちの持つ技術によってできること、これからの社会に貢献できることなど、新しい価値の発見・提案・提供を私たちは目指しています。

  • "収穫"をもたらす「新たな開墾地の発見」と「新種の種や苗の創出」


    日産のR&Dの取り組みの特長に、「オーチャード・コンセプト」というものがあります。オーチャードとは果樹園のこと。
    人々の生活を豊かにするために、どんな果実をいつ実らせるのか? それをいかに育み、結実させるのか? そして、技術開発の基盤となる土壌をどのように肥やすのか? を総合的にとらえた考え方です。その中で私たち総合研究所は、将来のオーチャードのために、"開拓志向の農場"(フロンティア・ファーム)の役割を担います。
    総合研究所のミッション:「将来のモビリティ社会に貢献する新たな価値の創造」とは、まさに果樹園での"収穫"をもたらすための「新たな開墾地の発見」と「新種の種や苗の創出」なのです。

  • 新たな価値創造のための礎「NRW(Nissan Research Way)」


    ここで重要なキーワードとなるのが、3つの柱からなる研究方法「NRW(Nissan Research Way)」です。1つ目の柱が、「将来の技術動向と社会の価値観変化を見定めること」。技術のトレンドとクルマの進化から今後の社会像を洞察します。2つ目は、世界中の大学や企業などのあらゆる研究機関とネットワークを構築させることで「世界の智が集うオープンイノベーションの拠点になること」。そして3つ目が「戦略的領域で内部に高い技術力を持つこと」。“新しい価値観の提案”には、それを“実現するための技術”が大切であると考えています。

  • マルチ・スペシャリストが革新的な研究を創出する

    日産採用情報サイト

    より高いレベルでの「NRW」実現のため、私たちが求めているのは、革新的な研究を創出するマルチ・スペシャリスト。自分の専門とする研究分野に精通しているだけではなく、幅広い技術や知識、研究から商品としての価値を発見し成果へと繋げるビジネスセンス、そして、人脈開拓力など、あらゆるニーズに応えられるスキルの持ち主であることが必須となります。その最たる人材の確保のために導入された人事制度が「SIR(Senior Innovation Researcher)」。"予想困難な変化の時代"とは、クルマ社会にもいえること。現代社会に埋もれている可能性を1つでも多く発掘しチャンスへと変えるため、世界中から研究者を求めています。

    人とクルマのワクワクするような未来のために。
    総合研究所の挑戦に、これからもご注目ください。

    ※ SIR(Senior Innovation Researcher)制度:
    社内外から研究者を広く集め、革新的な新素材などの開発力強化や新技術の研究につなげることを目的とする日産独自の雇用制度。
    3年間の嘱託契約社員として社内外の優秀な人財を雇用する。2012年度より導入。

    日産採用情報サイト:Japan Career Website >

  • 現在の社会情勢
  • 4つの社会トレンド
  • 私たちの役割
  • Nissan Research Way
  • 人財への期待