現在位置

TOP > ニュース >

2015年10月28日

Nissan IDS Concept
日産が目指す未来の電気自動車と自動運転を具現化した革新的コンセプトカー

自動車の誕生以来、運転はドライバーの役目であることを疑う人は、ほとんどいませんでした。しかし、遠くない将来、自動車の運転のあり方に革新的な変化が起こります。「日産リーフ」、「e-NV200」を通じて電気自動車の開発・普及を牽引してきた日産自動車は、進化した車両制御技術、安全技術と最新のAI(人工知能)技術を統合した自動運転技術で、自動運転車の実用化をリードしていきます。「ニッサンIDSコンセプト」は、日産ブランドが目指す自動運転の方向性を示したクルマであり、電気自動車(ゼロ・エミッション)の将来を予見させるコンセプトカーです。202X年、この「ニッサンIDSコンセプト」の技術は、現実のクルマに搭載され、世界の様々な街で見かけるようになることでしょう。

151028-01-01.jpg

日産が目指す自動運転コンセプト「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」
次世代の自動車のあるべき姿として、自動運転技術の研究・開発は大きな注目を集めています。2013年8月、社長兼CEOのカルロス ゴーンは「2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載予定である。」と発表しました。この計画に沿い、当社の自動運転技術開発は順調に進んでいます。

日産は創業以来、「移動することで人生はより豊かになり、人々は進化していく。」と考えています。移動時間に更なる価値をもたらすことが、我々の大きな目標であり、自動運転技術の研究・開発をするうえでも変わらない、普遍的なポリシーです。自動運転という技術が人生を豊かにする上で果たせる役割について、私たちは幾度も検討を重ねてきました。そして、ある時にはアクティブに運転を楽しみ、そしてある時には運転から解放され、より創造的な時間を楽しめるものこそが、日産自動車の自動運転車であるという結論に達したのです。このような自由で創造的な移動を実現するのが、「ニッサン・インテリジェント・ ドライビング」というコンセプトです。日産が守り続けてきたポリシーを未来へと繋ぐため、私たちは「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」には次のような機能が必要であると結論付けました。

自動運転時には、クルマが様々な運転操作を行うのはもちろん、加速やブレーキング、コーナリングなど、あらゆる場面においてドライバーの思いのままに動くこと。これは、ドライバーが日々のストレスから解放され、心身ともにリラックスした状態で移動する上で欠かせない事です。

そして自らステアリングを握る時は、ドライバーが安心して意のままにクルマを操れるドライビングフィールを提供できること。これは、「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」の技術によって、安全に気持ちよいドライビングを実現し、クルマを運転する楽しみを多くの人に感じてもらいたいという、我々の思いです。
クルマがもっとパートナーになる、『Together We Ride』。日産自動車が目指す自動運転のベクトルが決まりました。

社長兼CEOのカルロス ゴーンはこう語ります。
「「ニッサン インテリジェント ドライビング」は、ドライバーの「認知」「判断」「操作」をサポートすることによって、現在発生している交通事故の約9割の原因である人的ミスを補い、より安全で、効率的、且つ楽しいドライビングを実現することができるのです。」

「ニッサンIDSコンセプト」が実現する自動運転
「ニッサンIDSコンセプト」の自動運転は、ベルトコンベアのようにA地点からB地点まで移動することだけを目指すものではありません。私たちは、クルマに運転を委ねるときも、加速やブレーキング、コーナリングなど、あらゆる場面においてドライバーの好みに合わせて走行し、安心してドライバーや同乗者が快適に移動できる空間を提供することが、自動運転に欠かせないと考えています。

“人にとって心地よい走り”とはどのようなものでしょう。ドライビングの好みは千差万別です。キビキビ走るのが好きな人もいれば、のんびりクルージングしたい人もいます。ステアリングの切り方、アクセルの踏み込み方、ブレーキを踏み始めるタイミングも、個々のドライバーによって違います。「ニッサンIDSコンセプト」に搭載したAIはドライバーの走り方や癖を学習します。自動運転となるPDモード(パイロットドライブモード)でドライバーが同乗者との会話や、車窓の風景をリラックスしながら楽しんでいるとき、「ニッサンIDSコンセプト」はドライバーの好みを熟知したパートナーとなり、まるでドライバー自らが運転しているかのような感覚と同時に、ミスのない信頼できる走りを提供するのです。

「ニッサンIDSコンセプト」をドライバーの意思で操作する、MDモード(マニュアルドライブモード)にすれば、ドライバーは自らの意志でクルマを操り、リニアな加速や安定感のあるコーナリングを楽しむことができます。MDモードであっても、「ニッサンIDSコンセプト」は密かにドライバーをアシストしています。多くのセンサーで車両の状況を常時モニタリングし、ドライバーの思い通りの走りをアシスト。また、万が一危険が差し迫った場合にもクルマが最適な回避方法をアシストするので、ドライバーはストレスから解放された安全で心地よいドライビングを存分に体験できるようになります。

日産が考える自動運転『Together We Ride』を具現化したデザイン
「「ニッサンIDSコンセプト」の要となったのは“人とクルマのコミュニケーション”。自動運転の実現にはドライバーはもちろん、社会とも積極的なコミュニケーションが必要になります。日産が考える自動運転をデザインで具現化したものが「ニッサンIDSコンセプト」なのです。」とデザイン・ダイレクターの森田 充儀が話すように、このクルマのデザインは『Together We Ride』という日産が目指す自動運転の方向性から生まれました。
「「ニッサンIDSコンセプト」は、PDモードとMDモードで、異なる2つのインテリアを持っています。これは、私たちが考える自動運転を表現する上で、絶対に必要な考え方でした。」森田はこのように振り返ります。

ドライバーの意志でトランスフォームする2つのインテリア
「ニッサンIDSコンセプト」は、ロングホイールベースの恩恵を受け、ハッチバックでありながらも、大人4人がゆったりくつろげる室内空間を確保しています。自動運転となるPDモードを選択した時、ステアリングは姿を消し、インストルメントパネル中央に大型のモニターが姿を現します。天然素材やメッシュ調レザーを使ったインテリアは、柔らかく落ち着いた光で優しく照らされます。中抜け構造のAピラーは、死角の低減や走行中の開放感を与えます。4つのシートは内側に少しだけ回転します。すべての乗員が同じ風景を共有することで、まるでリビングルームでリラックスしているような心地よい空間の中で、乗員全員が豊かなコミュニケーションを取ることができます。

MDモードを選択すると、ルーミーなインテリアはドライバーがドライビングを楽しむための空間へと変貌します。すべてのシートは前方を向き、乗馬で使う手綱をイメージしたステアリングや、メーター、ヘッドアップディスプレイなどが出現。そして、インテリア照明は、運転に集中できるブルーに変わります。走りへの期待が高まるこのトランスフォームは、2つのフロントシートの間にある“PDコマンダー”で操作。PDコマンダーは、自動運転中にドライバーがフィジカルに操作することができる唯一のスイッチです。MDモードにおいて、敢えて音声やジェスチャーでの操作としなかったのは、人間が責任を持って運転することを明確にするためです。これも私たちが考える自動運転の姿なのです。

インテリア PDモード

インテリア PDモード

インテリア MDモード

インテリア MDモード

また、PDモードとMDモードではヒューマンマシンインターフェイス(HMI)デザインも異なります。「ニッサンIDSコンセプト」のAIと、音声やジェスチャーによるコミュニケーションですべての操作が完結するPDモードでは、インストルメントパネルに大型のモニターだけが配置されています。
これに対し、MDモードでは大型モニターが姿を消し、ヘッドアップディスプレイにはスムーズに走るための走行ラインや、フィールドインフォメーションなどが映し出されます。このHMIデザインは、ドライバーがストレスフリーなドライビングを楽しむことができるようデザインされているのです。

HMI PDモード

HMI PDモード

HMI MDモード

HMI MDモード

清潔感と安心感を与えるデザインで“路上の良き存在”に
「ニッサンIDSコンセプト」のスタイリングでは、EVらしいクリーンさ、清潔さを表現しました。それを象徴するのが、グリルに施した氷柱パターンです。アイスブロックを積み上げたようなデザインは、見る人にピュアな透明感をイメージさせ、快適なインテリアをしっかりガードする安心感を表現したブルーイッシュサテンシルバーのボディカラーと相まって、周囲の人々に清潔感や安心感を与えることでしょう。

社会に対して安心感を与え、受け入れられることは、自動運転を実現する上で欠かすことのできないものです。「ニッサンIDSコンセプト」は、光とメッセージを使い車外にクルマの意思を伝えることで、社会と調和します。ボディサイドに入った特徴的な水平基調のライン。「インテンション・インジケーター」と名づけたこのLEDのラインは、「ニッサンIDSコンセプト」の周囲にいる人を検知すると、ラインが青く発光し、更に人に向けて白い点滅する光でクルマが相手を認識していることを知らせます。インストルメントパネル前方には、外向きのディスプレイを配置。ここには「ニッサンIDSコンセプト」から歩行者など車外の人たちに向けて、「おさきにどうぞ」など、クルマの意思を伝えるメッセージが流れます。

151028-01-06.jpg

EVでの長距離運転を実現するために“究極の空力”を追求
森田は、EVである「ニッサンIDSコンセプト」に欠かせない空力性能を追求したデザインについて次のように述べています。
「「ニッサンIDSコンセプト」が現実になるとき、EVは1回の充電での長距離走行が可能となるでしょう。そのためには、バッテリーの進化はもちろん、空力性能も非常に重要になります。「ニッサンIDSコンセプト」には、今まで培った空力技術を余すところなくデザインに取り入れました。」

フルカーボン製ボディは、全高をわずか1,380mmに抑え、空力抵抗係数(CD値)を低くすることに貢献しています。限りなく車体の四隅にタイヤを配置することで、室内のスペースを最大限確保するとともに、キャビン全体が包み込まれるような印象を与えています。横から見ると、大径タイヤが走りの良さとスポーティーさをイメージするスタイリングを実現していますが、転がり抵抗と空気抵抗を限りなく減らすべく、175サイズという非常に細いタイヤを採用しています。足回りの軽快感を表現したホイールには、細かいフィンのようなレイヤーデザインを施しました。これが、走行中にホイール表面のエアフローに小さな気流の渦を作り、空気をスムーズに受け流すのに役立っています。GT-R LM NISMOの空力性能を手掛けたチームは「ニッサンIDSコンセプト」を見て、「ハッチバックとしては究極の空力性能が実現されている。」と述べました。

EV技術の進化で一充電走行距離が向上
副社長の坂本秀行は今年6月の株主総会の席で「私たちのゼロ・エミッション戦略の中心は100%電気自動車です。モーター、バッテリー、インバーターなど、これらの電動化技術を進化させ、EVがガソリン車と同じような、もしくはそれ以上に便利なクルマになるよう開発・量産することが我々の戦略だ。」と語りました。

「ニッサンIDSコンセプト」は60kWhという大容量のバッテリーを搭載するとともに、高い空力性能を誇る低く構えた、流れるようなデザインや、フルカーボン製ボディを採用することによる軽量化によって、長距離移動をする時のお客さまのニーズにもお応えできるようになります。また、「ニッサンIDSコンセプト」には、スマートフォンなどから操作可能なリモート駐車(パイロットパーキング)技術と、ワイヤレスで充電ができる非接触充電技術を搭載しており、ドライバーは駐車から充電までの操作をクルマに委ねることも可能となるのです。

ゼロ・フェイタリティとゼロ・エミッションの融合
持続可能なクルマ社会の実現には、エネルギー、地球温暖化、大気汚染、交通事故などといった克服すべき課題があります。ゼロ・フェイタリティとゼロ・エミッション。私たちは、このふたつの“ゼロ”をビジョンに掲げ、持続可能なクルマ社会の実現に取り組んでまいりました。

交通事故の9割以上は人間の運転ミスが原因で発生しています。最先端のセンサーと知能を備えた「ニッサンIDSコンセプト」は、人間よりはるかに優れた能力で“認知”、“判断”、“操作”を行います。センサーは人間が見ることができない領域も認知し、AIによって瞬時に最適解を判断、その判断を基に電動化された各種システムが操作をアシストすることで、交通事故を限りなくゼロに近づけることができるでしょう。

また、EVはそれ自体が走行中のCO2排出がゼロであることは言うまでもなく、再生可能エネルギーをEVに蓄電し、それを住宅やビルの電力として活用することが可能です。将来的にEVの台数が増えることで、個々の建物だけでなくコミュニティ単位でのエネルギーマネジメントも可能となります。このように、EVがエネルギーマネジメントの一端を担う事でよりゼロ・エミッション社会の実現に近づくことができることでしょう。

「ニッサンIDSコンセプト」は、次世代モビリティの主役となり、ふたつの“ゼロ”を達成するための大きなイノベーションになると確信しています。

ビデオはこちらからご覧ください。

Introducing the IDS Concept
https://youtu.be/h-TLo86K7Ck

Together We Ride
https://youtu.be/9zZ2h2MRCe0

以 上

ページトップへ