現在位置
TOP > ニュース >

2014年12月15日

日産自動車、「第30回日産 童話と絵本のグランプリ」大賞作品を出版
〜全国の公立図書館などに出版作品を寄贈〜

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、2013年度に実施した「第30 回日産 童話と絵本のグランプリ」の大賞2作品を、BL出版株式会社より出版します。これら2作品は、12月16日より全国の書店で販売されます。

今回出版する童話作品は、第30回グランプリ童話部門で2,321編の応募作品の中から大賞に選ばれた、なかじま ゆうきさんの作品 『カエルと王かん』です。この童話には、同グランプリ第10回絵本部門で優秀賞を受賞した、山田 真奈未さんの挿絵を配しました。同時に出版する絵本作品は、第30回グランプリ絵本部門の481編の応募作品の中から大賞に選ばれた、ながやま ただしさんの作品 『きぃちゃん』です。

141215-01-01.jpg

日産自動車は、「教育への支援」を社会貢献活動の重点分野の一つと定め、さまざまな取り組みを行っています。本グランプリは、同社の社会貢献において30年以上の歴史をもつ中心的な活動であり、「才能ある新進作家の育成」と「子どもたちに良書を届ける」ことを目的に継続してきました同社は、優れた童話と絵本を多くの子どもたちに楽しんでもらうため、第1回(1984年)より出版作品を全国の公立図書館等に寄贈しています。今年も日本国内の図書館約3,400館と、同社の事業所近隣の保育園・幼稚園など約700園に寄贈を行う予定です。第1回から寄贈した本は、累計で約20万冊以上にのぼります。

また、2010年度からは、同社の海外事業拠点周辺の日本人学校や日本語補習校へも絵本の寄贈をはじめています。更にポルトガルにおいては、現地事業会社である日産イベリア自動車会社が行政や学校と連携し、2012年より同国内で新たに絵本のコンテストを開始するなど、「子どもと本」の分野における取り組みは海外にも広がっています。

なお、今年度の「第31回日産 童話と絵本のグランプリ」作品募集は、10月31日をもって終了しました。入賞作品の発表は、2015年3月初旬を予定しています。

「日産 童話と絵本のグランプリ」
1984年5月に開始した、アマチュア作家を対象とした創作童話と絵本のコンテストです。一般財団法人大阪国際児童文学振興財団が主催し、日産自動車が協賛しています。“優れた作品・作家を輩出し、夢や想像力あふれる童話や絵本を子どもたちに届けたい”という思いを込め、毎年作品を募集しています。大賞を受賞した作品を出版することが特徴で、才能ある作家にプロとして活躍する機会を提供しています。
「日産 童話と絵本のグランプリ」ホームページ

●童話の概要

  • タイトル:

    『カエルと王かん』
    寓意が効果的に用いられた物語です。主人公のカエルのビクトールは、ある日森の入り口でぴかぴかと光る王冠を見つけます。仲間に自慢するために王冠を持ち帰ったことから起きる騒動を描きました。

  • 作者:

    なかじま ゆうき
    滋賀県米原市在住。岡山大学教育学部特別教科(美術)教員養成課程卒業。第30回「日産 童話と絵本のグランプリ」童話大賞を受賞。

  • 絵の作者:

    山田 真奈未 (やまだ まなみ)
    グラフィックデザイナーを経て、絵本作家・造形作家となる。第10回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本部門 優秀賞を受賞。

  • 体裁:

    24×18cm、本文32ページ、4色刷り

  • 価格:

    1,300円(税別)

●絵本の概要

  • タイトル:

    『きぃちゃん』 *受賞時のタイトルは『木ぃちゃん』
    森の奥に生まれた木の赤ちゃん「きぃちゃん」が、四季の移り変わりを感じながら大きく成長していく姿をカラフルなコラージュで描きました。豊かな色彩で自然をいきいきと表現した画面が高く評価されました。

  • 作者:

    ながやま ただし
    沖縄県那覇市在住。グラフィックデザイナー。第21回・第22回・第24回・第28回・第29回・「日産 童話と絵本のグランプリ」優秀賞、第23回・第25回・第26回・第27回同グランプリ佳作を受賞。第30回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本大賞を受賞。

  • 体裁:

    30×19cm、本文32ページ、4色刷り

  • 価格:

    1,300円(税別)

ブルーシチズンシップ

*ブルーシチズンシップ
ブルーシチズンシップは「人々の生活を豊かに」というビジョンを実現するための、私たち日産の決意です。日産はお客さま、株主、従業員、地域社会を大切に思い、将来にわたって価値ある永続的なモビリティの提供に努めます。事業を通じて経済貢献すると同時に、社会の一員として、持続可能な社会の発展をめざします。

<関連URL>
CSRウェブサイト http://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/CSR/
社会貢献の取り組み ウェブサイト http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/

以 上

ページトップへ