現在位置
TOP > ニュース >

2014年1月20日

新型「ティアナ」を発表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、新型「ティアナ」をフルモデルチェンジし、2014年2月5日に全国一斉に発売すると発表しました。

グレード: XV

グレード: XV

新型「ティアナ」は、日本やアメリカ*1、中国などを中心に世界120か国以上、年間60万台以上を販売するグローバル戦略車として開発しました。初代の『モダンリビング』、2代目の『おもてなし』のコンセプトに加え、今回の3代目では走行性能にも徹底的にこだわり、余裕のある走りと快適性を高次元で両立させました。
目的地までを一直線に目指すということだけではなく、そこにたどり着くまでの時間を同乗者の方と味わいながら、移動そのものを楽しんでいただけるのが、新型「ティアナ」です。

新型「ティアナ」の特長は以下の通りです。
○気品と共に胸の高鳴りを感じさせるデザイン
エクステリアは、従来の「ティアナ」が持っている上質感に、ダイナミックでワイドスタンスなボディデザインを加えることにより、走りを感じさせる躍動感のあるデザインとしました。また、立体的なフロントフェンダーから後方にシャープに流れる抑揚感あるキャラクターラインと存在感のあるフロントグリルや鋭い眼光を感じさせる形状のヘッドランプを組み合わせることで、大胆で洗練された外観をかたちづくっています。さらに、引き締まったエクステリアデザインにより優れた空力性能も実現しました。
また、新型「ティアナ」では、流れ落ちる滝のような力強さと神秘的な色をイメージし、プレミアムセダンらしい存在感と上質感を強調する新色「ウォーターフォールブルー」を新しく開発しました。

○気持ちが華やぐ上質で開放的な室内空間
3代目「ティアナ」は、2代目のコンセプトの「おもてなし」を継承した室内空間を実現しつつ、無重力状態でのヒトの姿勢を参考に開発した「スパイナルサポート機能付シート」の採用などにより、室内の快適性をさらに向上させました。
更に、サイドガラスを垂直に近い角度に立てることにより、ルーミネスと魅力的なデザインを両立しました。また静粛性の向上により、ドライバーだけでなく、乗員全ての快適性の向上を実現しています。運転席は、十分なシートスライド量の確保に加え、テレスコピックステアリングの新採用、使いやすいシフトレバーの配置などにより、さまざまな体型のお客さまに最適なドライビングポジションを提供します。さらに、助手席は、ふくらはぎを支える範囲を拡大させたオットマンを採用した他、後席ニールームはクラストップレベルの広さを実現し、それぞれのお客さまに合わせた快適性機能を追求しました。

○快適にどこまでも出かけられるドライビング性能
新型「ティアナ」では、走行性能も向上しています。新開発リヤマルチリンクサスペンションの採用では、応答性と安定性を高次元で両立させ、ドライバーの安心感を向上させました。さらに、アクティブトレースコントロールの採用によりコーナリング時の操舵性が向上し、ステアリング修正操作の少ないストレスフリーなドライビングを実現しています。また、改良型QR25エンジンでは、エンジンとCVTの協調制御によるスムーズな走り出しと力強い中低速トルクによる気持ち良い加速により、クルーズ感覚を味わうことができます。新型エクストロニックCVTではギア比の拡大により、加速性能と燃費性能の両立を実現します。(14.4km/L:全グレードで平成27年度燃費基準を達成)

また、ドライビングサポート機能としては、セーフティシールドテクノロジーを採用。好評のアラウンドビューモニターに動く対象物にも反応する「MOD(移動物 検知)」機能を加え、駐車や発進時の際の安心感を高めました。さらに、安全なドライブをサポートする、「BSW(後側方車両検知警報)」機能と「LDW(車線逸脱警報)」も加えました。

また、視認性の高いアドバンスドドライブアシストディスプレイでは、ナビゲーション/オーディオ以外にも、安全装備の作動状況/ECOメーターなど多彩な車両情報を表示し、ドライバーは直観的に車両状況を理解することができます。

<販売目標台数> 520台/月
<発表展示会> 2014年2月8日(土),9日(日) (予定)

<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)  
駆動 グレード エンジン ミッション 価格  
2WD XV QR25DE エクストロニック
CVT
3,045,000 ☆掲載写真車種
XL 2,753,100  
XE 2,429,700  
エクストロニックCVT-M6: 6速マニュアルモード付無段変速機

<新型「ティアナ」の車両概要>

1.デザイン
風格あるボディに躍動感とスピード感を表現したエクステリアデザイン

  • 堂々とした風格を感じさせる立体的なデザインのフロントグリル
  • 鋭い眼光をイメージさせる鋭角に切れ込んだデザインのヘッドランプ
  • シャープなデザインでより洗練された印象を与えるコの字型のLEDリヤコンビネーションランプ
  • フロントフェンダーから後方にシャープに流れる抑揚感のあるサイドビュー
  • 低重心を感じさせるワイドなリヤフェンダー
  • 足元をスポーティーに演出する2種類のアルミホイール
  • 新色「ウォーターフォールブルー(スクラッチシールド)」をはじめとする全6色のボディカラー

抑揚感のあるキャラクターラインが特長の上質なインテリアデザイン

  • 室内の広さと包み込まれるような心地よさを融合させたインストルメントパネルのデザイン
  • 奥行き感のあるアドバンスドドライブアシストディスプレイとファインビジョンメーターを組み合わせた視認性の高いメーター
  • センターパネルの両サイドにシルバーの加飾を施した、シャープな印象のセンターパネル
  • 鮮やかで深みのあるピアノブラックで仕上げ、上質感を高めたエアコンパネル
  • インナードアハンドル、カップホルダーまわりなど随所に高級感を醸し出すクロームメッキを採用
  • 落ち着きのある木目調フィニッシャーと、モダンでスタイリッシュな雰囲気の奥行きのあるメッシュ柄のメタル調の2種類のフィニッシャー

2.走行性能、パッケージング
メカニズム

  • 燃焼効率や排気効率の改善などにより、中低速のトルクを向上した新開発QR25DEエンジン。街中ではキビキビした走りを、高速走行時の追い越しなどではストレスを感じさせない力強い加速を実現
  • 約80%の部品について新規開発と改良を行い、摩擦抵抗を40%低減。さらにギヤ比の範囲を拡大させることで、燃費と加速性能を向上させた新開発「エクストロニックCVT」
  • エンジン、CVTの改良とともに、走行抵抗の低減、オルタネーター回生制御、電動パワーステアリングの採用などにより、旧型ティアナに対してJC08モード燃費を26%向上、平成27年度燃費基準を達成
  • ブレーキ操作時における筋肉の動きを測定。人間工学に基づきペダルのストローク量と踏力を最適化し、操作性を向上

パッケージング

  • 全高の低いスタイリッシュなプロポーションを追求しながら、広く快適な室内空間を実現
  • サイドガラスを垂直に近い角度に立てることで、全高を低くしても十分なヘッドクリアランスを確保
  • フロントドアトリムの形状を変更し、ゆったりとした運転席の膝まわりのスペースを実現
  • 前席の形状を工夫し、後席ニールームのゆとりを旧型に対し約10mm向上、クラストップレベルの広さを実現
  • 前席形状の最適化などにより、寸法以上の後席の広さ感を提供
  • 後席中央の座面を平坦にし、背もたれを外側に広げた新しいシート形状を採用し、3人乗車時の後席の快適性を向上
  • Bピラートリム下端部のスリム化により、乗降性を向上
  • 大きな長尺物の積載も可能になるトランクスルーを新採用、トランクの開口部の形状を広げることにより、ゴルフバッグなどの積載性も向上
  • アンダーフロアの空力部品の形状変更による最適化によりCd値:0.29を達成
  • 旧型に対し、車両全体で40kgの軽量化を達成。加速性能やブレーキ性能の向上とともに、前後重量配分の改善により操縦安定性も向上

快適性

  • オットマンの位置を最適化し、ふくらはぎを支える範囲を拡大。ふくらはぎ(もしくは、下腿)にかかる圧力を広範囲に分散し、足を伸ばした時の快適性を向上
  • 本革仕様には、運転席と助手席の座面・背面から暖・冷気を送風でき、好みの温度に調整することが可能な前席エアコンディショニングシートを採用。腰や下肢を暖めるとともに、夏場の蒸れを解消することが可能になり、ドライブ中の快適性を向上
  • ボディ剛性の強化やエキゾーストマウントの最適化、エンジンマウントの素材変更、ドアミラー形状の最適化などによりクルマから発生する振動やノイズ、風切り音を抑制。さらに室内の吸音性を向上させることで、走行する車内で普段通りの会話が楽しめる、高い静粛性を実現。
  • 運転席シートリフターとチルトステアリングを組み合わせて最適な高さ調整が、また新採用のテレスコピック機構をシートスライドと組み合わせることで最適なステアリング前後位置に調整することが可能。また、小柄な女性から大柄な男性までそれぞれに最適なドライビングポジションを提供可能
  • キーごとにドライバー情報を設定し、情報を認識すると自動的にシートとドアミラーのポジションを登録した位置にセットするインテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシートの採用
  • 車両感覚がつかみやすいようフード形状の採用。左折時やカーブなどでの運転のしやすさを向上
  • 旧型ティアナよりシフトレバーを5cmドライバーに近づけることで、シフトの操作性を向上
  • 従来からのリンクブッシュに加え、コネクトブッシュを新採用することで、優れた応答性と安定したコーナリングを両立。操縦安定性と乗り心地を向上させた「新開発リヤマルチリンクサスペンション」

3.先進装備

  • 前席に中折れ形状のスパイナルサポート機能付きシートを採用。重量のある胸郭と骨盤を積極的に支えることで背骨への負担を軽減し、ロングドライブでの快適性をさらに追求
  • コーナリング中やコーナー出口の加速時に、内側2輪にブレーキをかけることでクルマが外側に膨らむのを抑え、思い通りのコーナリングを可能にする「コーナリングスタビリティアシスト」を採用
  • メーター中央のカラー液晶を用いたアドバンスドドライブアシストディスプレイには様々な車両情報や各種安全装備の警告を瞬時に認識できるように表示

4.安全装備

  • 周囲の状況を把握できるアラウンドビューモニター*2に加え、アラウンドビューモニター*2の画面上に動く物体を検知し、ドライバーに注意を促す「MOD(移動物 検知)機能*2」を採用し、駐車をサポート
  • ブザーとメーター内のディスプレイ表示、ドアミラー付近のインジケーターなどの警告で安全運転をアシストする、バックビューカメラによるドライビングサポート機能の採用。車線変更時に隣の車線の車両を検知して接触事故のリスクを低減する「BSW(後側方車両検知警報)*2」、ドライバーが意図しない車線逸脱に警告をする「LDW(車線逸脱警報) *2」を採用。

<その他の主な安全技術、環境への取り組み>

  • キセノンヘッドランプ
  • オートライトシステム(ワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)
  • LED式ストップランプ
  • 全席シートベルト非着用時警告灯&警告音
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])
  • 全席ELR付3点式シートベルト
  • 運転席・助手席SRSエアバック
  • 運転席・助手席SRSサイドエアバック
  • SRSカーテンエアバック
  • 歩行者傷害軽減ボディ
  • ロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト(前席)
  • ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト(後席左右)
  • クルーズコントロール*2
  • ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)+ブレーキアシスト
  • JC08モード燃費への対応
  • 全車で「平成27年度燃費基準」を達成
  • 全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得
  • リサイクル可能率95%以上を達成
  1. *1:アメリカやその他一部の国では「アルティマ」として販売
  2. *2:メーカーオプション設定

以 上

ページトップへ